音階による派生するコード(短音階)

黒白・無外流
記事COLON 200
登録日時COLON 土 2 2 2008, 03:51
お住まいCOLON 新潟県新潟市西区

音階による派生するコード(短音階)

投稿記事 by 黒白・無外流 » 月 24 3 2008, 09:10

別トピックで続いていた質問で、順序が逆になりましたが「短音階について教えてちょ」と言うことがありましたのでこちらに移動します。 :) (いつものようフリーズすると嫌なので書きつつ投稿します)

簡単にですが、説明をすると短音階(機能的和声)には3種類あります。

1)自然短音階  —CMの第6音から並べ直したもの。
2)和声的短音階 —上記の短音階の第7音が#したもの。
3)旋律的短音階 —1)の自然短音階の第6音、第7音が#したもの。(注意!〜上行のみ使用)


まずここで重要なのは和声的短音階で7音を#にする事でVmがドミナント7th「V7」コードになる事です。禁じられた遊び、ロマンスでもB7が出て来ますからね。そう言ったEmに強力に解決させる機能です。
つまり7音を#にすることで増4度のトライトーンが生まれトニックであるIm(M7,6 etc)に向かうの和声機能を持たせた訳です。それが次に繋がります。

旋律的短音階は7度の#だけではメロディがおかしくなるので6音も#させることにより、自然なメロディをと言う事です。例がすぐ出てこないのですがカルカッシOP60n25#1でもAmの旋律で出て来ます。ビートルズのイエスタディは有名ですね。この短音階にも間違いなくV7であるE7が出現します。和声と旋律といった短音階でしょうか。
この音階で注意は加工するメロディの際「自然短音階」を使用するのが基本です。なぜかと言うとそのまま単純に下降メロディを弾くと「Major」を感じさせてしまうためです、簡単すぎる説明ですが弾いてみればお分かりかと思います :o

ちなみに原則としてSD(サブドミナント)であるIVm7は自然短音階、和声短音階のみで出現します。譜面を添付したので参考になれば幸いです。

ほぼこれで、基本の和声の並びは出ました。これを如何に編曲に結びつけて行くにはまた遠い道のりを要します。今日はここまでで勘弁してください :| (笑)GIFが駄目だったりJPGにしたり手書きじゃない譜面に大わらわでして :chaud:

では宿題だった「短音階の巻」でした :bye:
Jazz長屋からクラシックを意識して二十年近く。右も左も分からない初心者です。

プレーン
記事COLON 43
登録日時COLON 金 21 3 2008, 01:56

Re: 音階による派生するコード(短音階)

投稿記事 by プレーン » 木 27 3 2008, 06:01

ありがとうございます!
短調を自然~旋律まで全部Cから並べてみると、旋律的短音階は長七度にしたせいで
長調に比べて三度が半音下がってるだけですね・・・。
これで下降すると長調風味で始まるから、特徴音の短三度がごまかされるってことでしょうか。

早速楽譜を印刷させていただきました :D
今日中に短調の和音を覚えるぞ~ :twisted:
未来は僕等の手の中!!

黒白・無外流
記事COLON 200
登録日時COLON 土 2 2 2008, 03:51
お住まいCOLON 新潟県新潟市西区

Re: 音階による派生するコード(短音階)

投稿記事 by 黒白・無外流 » 木 27 3 2008, 08:19

プレーンさんおはようございます。夜更かしのそして早起き?。。。 :shock: 。凄いなぁ若いって・・・・・・
プレーン さんが書きましたCOLON短調を自然~旋律まで全部Cから並べてみると、
全部Cから並べましたか!偉いですヽ(=´▽`=)ノ。ジャズだと全部のキーで覚えないと行けないですが、クラシックギタ—で考えると、#系はEm、Bm、F#mで、b系はGm、Cm、Fm位を覚えとくと良いかな・・・。
理想は全部ですが、多分そう言う曲は出てこないと思います。

特に短音階でもドミナントV7とトニックIm6、ImM7、Im7がスラスラ出てくる様に覚えるのが良いですね。曲の中で瞬間的に移調しても曲が理解出来る様になります :o
旋律的短音階は長七度にしたせいで長調に比べて三度が半音下がってるだけですね・・・。これで下降すると長調風味で始まるから、特徴音の短三度がごまかされるってことでしょうか。
そうです。弾いてみたのかな?弾けば分かりますが、そう言う雰囲気になってしまうのです。ただ原則なんでフレーズの作り方、バックに演奏があるなど実際のジャズではいろいろ解釈されて使われています。

あとですね・・・・混乱するかな?・・・。
Majorで書いたIVM7つまりCで言えばFM7ですが、多くの曲でサブドミナント・マイナーとしてFm7に変化することがあるのです。ここで使えるスケールも基本はMelodicMinor(旋律的短音階)と覚えておいてくださいね :o
早速楽譜を印刷させていただきました :D
今日中に短調の和音を覚えるぞ~ :twisted:
うぉを?! :shock: 。これ・・・あくまでも理解する串だんご状でGuitarで弾ける様には書いてないです。あっちゃー!ごめんなさいね。鍵盤があれば良いのだけれども。。。
基本的な考え方は「メロディーにはMelodic旋律的短音階。和声ではHarmonic和声的短音階を使う」と言う事です。
説明するとめちゃくちゃ長くなるんですが :wink: 。。。Minor短音階はいろいろな事が出来るのです。なんでもありって言った方が良いのですが・・・。題材に「枯れ葉」などが良いんですけど著作権の問題が切れてないと思います。ちょっとまた宿題にさせてくださいね。
:cornet:

PDFが一番いんだけれども載らないしなぁ・・・・気長にリニューアルを待ちましょうね :o
Jazz長屋からクラシックを意識して二十年近く。右も左も分からない初心者です。

プレーン
記事COLON 43
登録日時COLON 金 21 3 2008, 01:56

Re: 音階による派生するコード(短音階)

投稿記事 by プレーン » 木 27 3 2008, 17:22

春休みなんで、バイトの時間がめちゃくちゃだったりで、
昼夜逆転したりしてるだけですよ 8) ^^;

Cナチュラルマイナー = C D E♭ F G A♭ B♭ C (これがCエオリアンってワケですね!)
Cハーモニックマイナー = C D E♭ F G A♭ B C
Cメロディックマイナー = C D E♭ F G A B

Em = E F# G A B C D E (G△)
Bm = B C# D E F# G A B (D△)
F#m = F# G# A B C# D E F# (A△)
うぉを?! 。これ・・・あくまでも理解する串だんご状でGuitarで弾ける様には書いてないです。あっちゃー!ごめんなさいね。鍵盤があれば良いのだけれども。。。
夜中は基本イヤホンが使えるキーボードで練習してます 8)
基本的な考え方は「メロディーにはMelodic旋律的短音階。和声ではHarmonic和声的短音階を使う」と言う事です。
前回のトピックで出てきたハーモニックマイナーP5thビロウ・スケールはマイナーキーでⅤ7→Ⅰmのドミナントモーションするときに使うんですよね?
ここでメロディックマイナーは使わない方がいいのでしょうか・・・?
ハーモニックマイナーP5thビロウの場合、テンションに出来るのはP4thだけですよね。
未来は僕等の手の中!!

黒白・無外流
記事COLON 200
登録日時COLON 土 2 2 2008, 03:51
お住まいCOLON 新潟県新潟市西区

Re: 音階による派生するコード(短音階)

投稿記事 by 黒白・無外流 » 木 27 3 2008, 21:26

プレーンさん今晩は。宿題?(笑)全部合ってますよ、100点満点です :o 。表のMajorキーも全部合ってます。
プレーン さんが書きましたCOLON前回のトピックで出てきたハーモニックマイナーP5thビロウ・スケールはマイナーキーでⅤ7→Ⅰmのドミナントモーションするときに使うんですよね?
ここでメロディックマイナーは使わない方がいいのでしょうか・・・?
ハーモニックマイナーP5thビロウの場合、テンションに出来るのはP4thだけですよね。
ここが説明し難いところなんですが、HarmonicMinorのドミナント、つまりハーモニックマイナーP5ビロウダウン(フリジアンドミナント)は、最初からテンションとしてb9th,b13thを持っています。11th=P4thはsus4になるのでやはりAvoidなんです、基本原理は使えません。

ここでJAZZ理論が入って来るとややこしいんですが、最初のスケール自体のテンションにb9th、b13thがあると言う事はオルタード系なのです。(メージャーから比べると分かりやすくありませんか?)
なので、もちろんHmP5thダウンも使えるし、オルタードもコンディミもホールトーンも使えます。ただクラッシックの場合多くはそこまで無いので、和声の捉え方で基本を抑えておけば、そんなにどう旋律を弾くかは考える必要は無いと思います。それともJazzやりますか?(笑)

それよりもディミニッシュなんですが、ルート音以外の構成音、つまりE7ならG#dim、Bdim、Ddim。そしてb9thであるFdimが使えると言う事を覚えておいてください。これはかなり使われています :o

出て来たときに例えば(・・・これはG7(b9th)だな・・)とディミニッシュを理解出来れば最高です :o
単純にb9thを含む和声で解決する(この場合は例えばAm)に半音下から上がって来ると思えば、今後様々な曲でドミナント7thを見つけやすくなります :o

ではまずその1の返信でした(笑)


こくびゃく
Jazz長屋からクラシックを意識して二十年近く。右も左も分からない初心者です。

黒白・無外流
記事COLON 200
登録日時COLON 土 2 2 2008, 03:51
お住まいCOLON 新潟県新潟市西区

短音階とドミナント

投稿記事 by 黒白・無外流 » 金 28 3 2008, 10:08

プレーン さんが書きましたCOLONハーモニックマイナーP5thビロウの場合、テンションに出来るのはP4thだけですよね。
ここが説明し難いところなんですが、HarmonicMinorのドミナント、つまりハーモニックマイナーP5ビロウダウン(フリジアンドミナント)は、最初からテンションとしてb9th,b13thを持っています。11th=P4thはsus4になるのでやはりAvoidなんです、基本原理は使えません。
黒白です。補足です。短音階上の、V7。ここが分かり難く説明が不十分だったと思うので並べてみます。
Eフリジアンドミナント:E F G# A B C D (E)。これを機能和声で書くと
    Root - b9th - M3rd - P4th - P5th - b13thv - 7th - (R)
つまりHarmonicMinorはドミナントをV7にするために「m3rd」音を#し「M3rd」音に変えた、と言う事なのです。要は、ここまでに何度か出て来た「トライトーン(増4度)」の機能的和声が欲しいが為に#させたと言うシンプルな理屈で覚えても構いません。

次に、ややこしいのが、b9thとb13thの強烈なテンション(緊張)をもともと持っている、と言う事です。考え方ですがオルタードテンションはマイナーキーで派生したテンションを様々なキーに持ち込んだと考えると分かりやすいし雰囲気も掴みやすいと思うのです :o

そこで「b9thがテンションとして使える」ので、前の記事に書いたdiminishの代用が可能になります。例えばE7(V7)の場合、Rootを除いたG#音 B音 D音と、b9thのF音を基準とするDiminishが形成されます。これは多くの楽曲の中でも登場します。多分理屈よりも「ああ、これ弾いた事ある :o 」と言う方が多いのではないでしょうか。

多くのトラートーンで説明出来ない際、多くがこの事例です。解釈にDiminishの代用(代理コード)を知っていると解釈がグンと!楽になります。
Jazz長屋からクラシックを意識して二十年近く。右も左も分からない初心者です。

プレーン
記事COLON 43
登録日時COLON 金 21 3 2008, 01:56

Re: 音階による派生するコード(短音階)

投稿記事 by プレーン » 土 29 3 2008, 18:11

こんばんは!
プレーンさん今晩は。宿題?(笑)全部合ってますよ、100点満点です :o 。表のMajorキーも全部合ってます。
ありがとうございます〃。(_ _。)*ペコペコ
何か適当な課題とか与えてくれると嬉しいです笑
ここが説明し難いところなんですが、HarmonicMinorのドミナント、つまりハーモニックマイナーP5ビロウダウン(フリジアンドミナント)は、最初からテンションとしてb9th,b13thを持っています。11th=P4thはsus4になるのでやはりAvoidなんです、基本原理は使えません。

ここでJAZZ理論が入って来るとややこしいんですが、最初のスケール自体のテンションにb9th、b13thがあると言う事はオルタード系なのです。(メージャーから比べると分かりやすくありませんか?)
なので、もちろんHmP5thダウンも使えるし、オルタードもコンディミもホールトーンも使えます。ただクラッシックの場合多くはそこまで無いので、和声の捉え方で基本を抑えておけば、そんなにどう旋律を弾くかは考える必要は無いと思います。それともJazzやりますか?(笑)
メジャー系スケール
├ ミクソリディアン
└ リディアン7th
マイナー系スケール
├ HP5
├ ホールトーン
├ オルタード
└ コンディミ

参考書では、特性音と照らし合わせてドミナントに対するスケールを以上のように分類していて、
ここにテンション = b9th, b13thの分類を加えると

テンション = 9th and 13th
├ ミクソリディアン
└ リディアン7th
テンション = b9th or b13th
├ HP5
├ ホールトーン
├ オルタード
└ コンディミ

って一致することを発見!やっぱり関係があるのでしょうか。
つまりHarmonicMinorはドミナントをV7にするために「m3rd」音を#し「M3rd」音に変えた、と言う事なのです。要は、ここまでに何度か出て来た「トライトーン(増4度)」の機能的和声が欲しいが為に#させたと言うシンプルな理屈で覚えても構いません。
なるほど!理解です :D
そこで「b9thがテンションとして使える」ので、前の記事に書いたdiminishの代用が可能になります。例えばE7(V7)の場合、Rootを除いたG#音 B音 D音と、b9thのF音を基準とするDiminishが形成されます。これは多くの楽曲の中でも登場します。多分理屈よりも「ああ、これ弾いた事ある :o 」と言う方が多いのではないでしょうか。
Ⅴ7 + ♭9th = ♭Ⅵdim7 という解釈でも大丈夫でしょうか。
なんか、聞いたことあるかもしれません♪
あと、「コンディミスケールはトライトーンをもつが、ディミニッシュスケールはトライトーンを持たない」と書いてあったのですが、
Cコンディミ = ♭Dコンディミなので、これはおかしいんじゃないかと思うんですが、このあたりについても教えて欲しいです・・・。

あっ・・・、バイトの時間になってしまいました;;
何時間後かにまた質問するかもしれませんが、よろしくおねがいします〃。(_ _。)*ペコペコ
未来は僕等の手の中!!

黒白・無外流
記事COLON 200
登録日時COLON 土 2 2 2008, 03:51
お住まいCOLON 新潟県新潟市西区

ドミナントの使い分け(大まかに・・・分かりやすく・・)

投稿記事 by 黒白・無外流 » 日 30 3 2008, 06:15

プレーンさん、おはようございます。昨日から現場応援出稼ぎ(笑)しているので遅くなりました :o
プレーン さんが書きましたCOLONメジャー系スケール
├ ミクソリディアン
└ リディアン7th
マイナー系スケール
├ HP5
├ ホールトーン
├ オルタード
└ コンディミ

参考書では、特性音と照らし合わせてドミナントに対するスケールを以上のように分類していて、
ここにテンション = b9th, b13thの分類を加えると

テンション = 9th and 13th
├ ミクソリディアン
└ リディアン7th
テンション = b9th or b13th
├ HP5
├ ホールトーン
├ オルタード
└ コンディミ

って一致することを発見!やっぱり関係があるのでしょうか。
発見!〜は良いんだけど(笑)どういう本なんだろう・・・・。JAZZやポピュラー理論を前提として書かれている本には思えないので、大まかな覚え方は上記で良いと思います。言い方がちょっと違うな・・・・・ :chaud:
基本としてメージャーコードに解決する時はメジャードミナント、マイナーコードに解決する時はマイナードミナントにしましょうか・・・・。

でもリディアンセブンスはII7thやIIb7thにつくんだよなぁ。。。ごめんなさい、ブレーンさんの持っている理論書が何を指しているか分からないです :chaud:

それからbや#の記号は度数(例えばDとかCとかGなど)の右側に付きます。なんか座りが悪いなと思ったら着く位置でしたね、今のうちに修正しておきましょう :o !。

まずはドミナントの分け方ですが、「最終的にはオルタードスケールで何の音でも使える」と覚えておいてください。なので1個間違ってますが、コンディミの時の13thはナチュラルです :o 。コンディミは特殊なスケールでb9th、#9th、#11th、13thのテンションを持ちます。

ではドミナントの「大まかな分類」でした。

黒白こくびゃく
Jazz長屋からクラシックを意識して二十年近く。右も左も分からない初心者です。

黒白・無外流
記事COLON 200
登録日時COLON 土 2 2 2008, 03:51
お住まいCOLON 新潟県新潟市西区

ディミニッシュとコンディミ

投稿記事 by 黒白・無外流 » 日 30 3 2008, 06:40

Diminishの巻です。トライトーンがあるかないかは表裏のディミニッシュとコンディミにおいてどうでも良いので(笑)あんまり気にする必要は無いと思うのですが書いておきましょう :o

Gdmi :G(R) - Bb(m3rd) - Db(b5th) - Fb※(m6) - G(R)  ※Fb=E
上記の様に、短3度音程で構築される機械的な音階なので「7th」を持たないんですね。ですがこれを裏のCom-dimiに並べ直すとトラートーンを持つと言う事です。そしてテンションはコンディミにおいてb9th、#9th、#11th、13thと言う具合です。
ありがとうございます〃。(_ _。)*ペコペコ何か適当な課題とか与えてくれると嬉しいです笑
Ⅴ7 + ♭9th = ♭Ⅵdim7 という解釈でも大丈夫でしょうか。
書き方だけで、考え方は合っています。もう少し拡大して書いてみましょう(o^-')b。

V7(b9)=V#dim - VIIdim - IIdim - IVdimとなります。これは先ほど書いた短3度音程でオクターブ回帰するゆえです。G7で書くと・・・・・

G7(b9) = G#dim - Bdim - Ddim - Fdimと言うことになります。

これを課題?ですか、、、(゜o゜;)(笑) :o 。ではいくつか考えてみてくださいね。

#系=D7、A7、E7、B7。b系=C7、 F7、 Bb7 。。。
(〃^∇^)o_彡☆あはは。もっとありますが・・・12個出来たらやってみますか?www

こんなところかな?。ただここまでで理論上はかなり進みましたが実技のGuitarと連動してますか?(笑)ここまでのコードだけでも押さえる場所、転回系によっては数百種になるはずです。 :chaud: 。これを覚えるのは大変なのでドミナントとディミニッシュの関係を優先させるのがクラシックギタ—において有効だと思われます :o

では行ってきます :wink:
Jazz長屋からクラシックを意識して二十年近く。右も左も分からない初心者です。

プレーン
記事COLON 43
登録日時COLON 金 21 3 2008, 01:56

Re: 音階による派生するコード(短音階)

投稿記事 by プレーン » 木 3 4 2008, 02:09

黒白さん、こんばんは :D
発見!〜は良いんだけど(笑)どういう本なんだろう・・・・。JAZZやポピュラー理論を前提として書かれている本には思えないので、大まかな覚え方は上記で良いと思います。言い方がちょっと違うな・・・・・
基本としてメージャーコードに解決する時はメジャードミナント、マイナーコードに解決する時はマイナードミナントにしましょうか・・・・。
使ってる本は「ギタリストのための楽典(井桁 学・著)」です。
五度圏を下属方向に覚えるようにと書いてありますが・・・。
表の解説を全文引用すると
ドミナントモーション時にメジャーへ行くかマイナーへ行くかで、使われるスケールは変わっていきます。
Key=FmにおいてⅤ7(C7)からマイナーへ行く場合はマイナーの特性音である♭3度が重要になり、
しかもマイナー・キーのトニックはm7コード……ということは、♭3度と♭7度が特徴的な音になります。
これを持てばマイナー・キーでのⅤ7時に使えます。

コレを読むと、黒白さんの
基本としてメージャーコードに解決する時はメジャードミナント、マイナーコードに解決する時はマイナードミナントにしましょうか・・・・。
に当たる文章が載ってますね(_ _;)
でもリディアンセブンスはII7thやIIb7thにつくんだよなぁ。。。ごめんなさい、ブレーンさんの持っている理論書が何を指しているか分からないです :chaud:
基本の方に建てたトピックにもありましたが、Key=CM、セカンダリードミナント=Ⅱ7の時は
Key=GMに部分転調するんですよね・・・?
マイナーへのドミナントモーションと関係があるって事なんでしょうか・・・?
それからbや#の記号は度数(例えばDとかCとかGなど)の右側に付きます。なんか座りが悪いなと思ったら着く位置でしたね、今のうちに修正しておきましょう !。
あぁっ・・・↓↓
ありがとうございます(_ _;)
譜面だとオタマジャクシの左に付けるので勘違いしてました :(
まずはドミナントの分け方ですが、「最終的にはオルタードスケールで何の音でも使える」と覚えておいてください。
テンションがナチュラルの9,11,13thの時にも使えるって事ですか?
なので1個間違ってますが、コンディミの時の13thはナチュラルです 。コンディミは特殊なスケールでb9th、#9th、#11th、13thのテンションを持ちます。
あっ・・・わかりました :o
Gdmi :G(R) - Bb(m3rd) - Db(b5th) - Fb※(m6) - G(R)  ※Fb=E
上記の様に、短3度音程で構築される機械的な音階なので「7th」を持たないんですね。ですがこれを裏のCom-dimiに並べ直すとトラートーンを持つと言う事です。
GとD♭、B♭とF♭はトライトーンですよね・・・?
この後の“Ⅵ♭dimをⅤ7の代理コードとして使える”ことについての解説で、
ディミニッシュ・コードは常に(二つの)トライトーンを持ち、ベクトルの多いドミナントとして
機能することは学びました。
コンディミでもディミニッシュでも1度を根音としたダイアトニック・コードはⅠdimだと思うのですが、
コンディミによるⅠdimとディミニッシュによるⅠdimは機能が違うということでしょうか?
これを課題?ですか、、、(゜o゜;)(笑) 。ではいくつか考えてみてくださいね。

#系=D7、A7、E7、B7。b系=C7、 F7、 Bb7 。。。
(〃^∇^)o_彡☆あはは。もっとありますが・・・12個出来たらやってみますか?www
よっしゃ!!
じゃあ、♯系から行きます。

D7(b9)@Key=G(#=F) = D F# A C Eb
 ∴ D7 ⇒ F#dim, Adim, Cdim, Ebdim

A7(b9)@key=G(#=F,C) = A C# E G Bb
 ∴ A7 ⇒ C#dim, Edim, Gdim, Bbdim

E7(b9)@Key=A(#=F,C,G) = E G# B D Fb
 ∴ E7 ⇒ G#dim, Bdim, Ddim, Fbdim

B7(b9)@Key=E(#=F,C,G,D) = B D# F# A C
 ∴ B7 ⇒ D#dim, F#dim, Adim, Cdim


・・・ここまで書いて、#と♭が混同してて違和感を感じるんですが、
例えば、EbとD#は異名同音として分けることを意識して
こういう書き方でも大丈夫ですよね・・・?
次の書き込みで残りの二つと♭系を書きます。
こんなところかな?。ただここまでで理論上はかなり進みましたが実技のGuitarと連動してますか?(笑)ここまでのコードだけでも押さえる場所、転回系によっては数百種になるはずです。 。これを覚えるのは大変なのでドミナントとディミニッシュの関係を優先させるのがクラシックギタ—において有効だと思われます
一応あたらしいコードが出るたびに探して押さえるようにはしてますが、全部一種類だけですね^^;
よく使うメジャーコードはコード進行がしやすいように数種類覚えてますが・・・。
でも、テンション加えるだけなので、お陰でディミニッシュはいくつか覚えました :wink: ♪:guitare:
未来は僕等の手の中!!

黒白・無外流
記事COLON 200
登録日時COLON 土 2 2 2008, 03:51
お住まいCOLON 新潟県新潟市西区

Re: 音階による派生するコード(短音階)〜基本に戻る

投稿記事 by 黒白・無外流 » 木 3 4 2008, 09:53

ブレーンさんお早うございます :o 。いや〜全く持って熱心でござるなぁ :shock: 。感心してしまいます(笑)。
だんだん複雑になって来てゴッチャになりますね。 :chaud:

まずメージャードミナントとマイナードミナントの分け方はそんな感じで良いのだと思います。その楽典の中では多分ジャズなどのオルタードの多用を前提として書かれている様に思えないので、これで結構ですよ :o
ただ細かく言うとマイナーキーのトニック・コードはImM7とかIm6など7thコードと分けてなお強いトニック感を持たせる事が多いのでお忘れなく。

ここで整理しておくと「メジャーキーやマイナーキーにおける機能的和声においてT(トニック)、SD(サブドミナント)、D(ドミナント)が重要である」と言う事です。なので例外的に派生するdimやaugは機能的和声に派生していないので<代理コード>の要素が強い、もしくは意図的に代用されていると言う事です。

つまり和声(コード)の種類による機能が大事で、テンションはそれに付加されるものに過ぎないと言う事です。
どうですか?これだとシンプルですが一番大切な基本のことなので混乱し難いと思います。そうなるとDiminishは機能的和声には出現しないのです。つまりb9thを持ったV7thと考えて代理コードを持ち込めると・・・。分かるかな?これで。。説明不足の様な、、むず、む、難しいな :chaud: 。。。

なのでDiminishの増4度はV7thの増4度とは意味合いが違うのです。3度7度の役割でもなくコードトーン(7thがありません)もスケールから派生していないなので解決しにくい(解決だらけ(笑))の和音になります。増4度が2つも共存してますからね :twisted: 。(〃^∇^)o_彡☆あはは。悪魔の様なコードだ(爆!。
でもこれはトライトーンと違います。V7thでもありませんしV7thにおける解決とは違うものですから :o

では順々に見て行きましょう。
でもリディアンセブンスはII7thやIIb7thにつくんだよなぁ。。。
基本の方に建てたトピックにもありましたが、Key=CM、セカンダリードミナント=Ⅱ7の時は
Key=GMに部分転調するんですよね・・・?マイナーへのドミナントモーションと関係があるって事なんでしょうか・・・?
まずセカンダリードミナントですがV of V(ファイブ・オブ・フィフス)やダブルドミナントなどとも言われ、解決したいコードヘ向かうコードを一時的に7thにしたと言う事です。もちろん、これは4度(上行4度=下降5度)の関係で解決されなくてはなりません。
なので極端にこんなことも出来ます。E7 - A7 - D7 - (CM) - C7- G7- F7 - Bb7……など。もちろんこれを代理コードで分けたりSDと分解してみたり、偽終止を使ったり実際は様々です。ここでは混乱するのでこの位で :roll:
まずはドミナントの分け方ですが、「最終的にはオルタードスケールで何の音でも使える」と覚えておいてください。
テンションがナチュラルの9,11,13thの時にも使えるって事ですか?。
オルタードの定義なんですが、語彙は「変化」ですので、9,11,13thが変化したと思えば良いのです。なので複雑な使用が可能になった現代の機能的和声において使われていても、理解の仕方は例えば、、、
「コードの機能はV7thでテンションが変化したな・・・」くらいの考え方で構いません。コードの機能が変わる様なことでは事情が変わりますが :o 。これはポップスなど実際の音楽でかなり弾かれてますよ〜♪ :chitarrista:

コンディミでもディミニッシュでも1度を根音としたダイアトニック・コードはⅠdimだと思うのですが、
コンディミによるⅠdimとディミニッシュによるⅠdimは機能が違うということでしょうか?
そうです :o 。コンディミやデミニッュ、ホールトーンなどは12音の並べ方遊びから出て来たものと覚えた方が
楽ですよ。機械的に並べてみたと。当時の音階の確立の時代において様々な試みがなされた訳です。コンディミは比較的現代的な考え方ですが、やはり数学的な機械的な並びです(ただしこれはモードにおいて重要な意味を持つ)。
ダイアトニックコード上で純然たるデミニッュなどは生まれてこないので、あくまでも代理コードと考える方が良いと思います。同じく私のところの生徒さんはそれで理解してます :o
よっしゃ!!
じゃあ、♯系から行きます。

D7(b9)@Key=G(#=F) = D F# A C Eb
 ∴ D7 ⇒ F#dim, Adim, Cdim, Ebdim

A7(b9)@key=G(#=F,C) = A C# E G Bb
 ∴ A7 ⇒ C#dim, Edim, Gdim, Bbdim

E7(b9)@Key=A(#=F,C,G) = E G# B D Fb
 ∴ E7 ⇒ G#dim, Bdim, Ddim, Fbdim

B7(b9)@Key=E(#=F,C,G,D) = B D# F# A C
 ∴ B7 ⇒ D#dim, F#dim, Adim, Cdim

:shock: ・・・・・えっとD7,A7,E7の「b9th」音が全部間違っています。順にD#,A#,E#(F)となる訳です :o 。コードトーンは合っている様なので、テンションの理解がまだ難しいのかな?確認してみて弾いてみて下さいね :o 。Rootの単なる半音上がb9thです。
・・・ここまで書いて、#と♭が混同してて違和感を感じるんですが、
例えば、EbとD#は異名同音として分けることを意識して
こういう書き方でも大丈夫ですよね・・・?
これは12音全部、メジャーもマイナーも書いて覚えれば自然に分かるんですが、ジャズやる〜と言う訳ではないので良いと思います(笑)それとも?! :twisted: (〃^∇^)o_彡☆あはは
一応あたらしいコードが出るたびに探して押さえるようにはしてますが、全部一種類だけですね^^;
よく使うメジャーコードはコード進行がしやすいように数種類覚えてますが・・・。
でも、テンション加えるだけなので、お陰でディミニッシュはいくつか覚えました :wink: ♪:guitare:
別に買う必要も何も無いんですが※、例えばCやAmでもギタ—の構造上5カ所以上は出現するはずです。分数コードにすればさらにその倍です。「※」ですが今までの中でコードだけを覚えても仕方が無いことがお分かり戴けたと思います。要は前後の流れの必然性なので、コードブックを買って来て一個一個覚えるよりも、流れで覚えた方が音楽的ですし、より曲の解釈、和声への造詣が深くなります :o 。同じく生徒さんにはそう覚えてもらっています :o
Jazz長屋からクラシックを意識して二十年近く。右も左も分からない初心者です。

黒白・無外流
記事COLON 200
登録日時COLON 土 2 2 2008, 03:51
お住まいCOLON 新潟県新潟市西区

Re: 派生するコード(短音階)フリジアンドミナント

投稿記事 by 黒白・無外流 » 日 6 4 2008, 11:07

お早うございます。 :o 苦戦してるかな?・・・・
一時的なドミナントは別トピックで書いたのですが、様々なスケールに発展するにあたり、重要?なのでもう一度フリジアンドミンナント(V7th)について書いておきます。

例えばAm(Harmonic) :A B C D E F G# (A)があり、この音階に導かれVはm3rdが「#」することにより、ドミナント7th(V7th)に変化します。おさらいのためコードトーンから見て行きます :)

E7(V7)コードトーン:E G# B D  ・・・(〜変化前は「m7th」でE G B D)
E7(V7)テンション:F(b9th) A(P11th※) C(b13th)  ※Avoid Note

ここでもう一度覚えておくのはV7になる前から、テンションとしてb9th、b13thを持っているドミナントと言う事です。それともう一度テンションに付いて説明すると「コードトーンの機能を失わずに加わる音」です :o 。なので何度か書いて来たアヴォイド。ここではP11th(P4th)ですがトライトーンを消してしまう為に機能を損なうので原則に使用出来ません。

このドミナントのポイントはなんと言ってもテンションでしょう。b9thから発展でDiminishが使える。b13thからはオルタード。。(もちろんHmP5thDownもありますが。なので初期段階で大雑把に覚えるには、Im6(トニック)に解決する時はb9thもb13thも使えると言う事です。b13=#5thなのでホールトーンも使えます。

時にこの手法をメジャーキーに持ち込んだり、一時的なドミナントでマイナーに解決する場合も使えますので混乱無しになんとかクリア出来れば・・・・・ということです
NICEきゃらくた〜のプレーンさん頑張ってね〜 :bye: 。ここを超えれば5合目だよ :chitarrista:
Jazz長屋からクラシックを意識して二十年近く。右も左も分からない初心者です。

プレーン
記事COLON 43
登録日時COLON 金 21 3 2008, 01:56

Re: 音階による派生するコード(短音階)

投稿記事 by プレーン » 月 7 4 2008, 05:01

こんばんは・・・、お察しの通り苦戦中です(_ _;)
少ない脳細胞をフルに使って大混乱です↓↓
最近ウチで入学式があり、一年生が沢山入ってきました :discussion:
音楽やってる子が多くて、ギターの世界に沢山誘えたらなぁ・・・って思ってます( ̄ー ̄)* :guitare:
今回もありがとうございました~!
ただ細かく言うとマイナーキーのトニック・コードはImM7とかIm6など7thコードと分けてなお強いトニック感を持たせる事が多いのでお忘れなく。
わかりました!マイナーキーの曲を聴いたりアナライズするときに
トニックのⅠM7やⅠm6を意識してみます :D

つまり和声(コード)の種類による機能が大事で、テンションはそれに付加されるものに過ぎないと言う事です。
どうですか?これだとシンプルですが一番大切な基本のことなので混乱し難いと思います。そうなるとDiminishは機能的和声には出現しないのです。つまりb9thを持ったV7thと考えて代理コードを持ち込めると・・・。分かるかな?これで。。説明不足の様な、、むず、む、難しいな :chaud: 。。。
あ゛あ゛ぁ・・・、ごめんなさい(_ _;)
まだ何かよく分からないです;;
ディミニッシュは機能的和声の代わりに使っているという性質が強く、
それは飽くまでⅤセブンスにテンションノートを加えたコードを
別のコードと見てるだから・・・って事でしょうか?
ホント脳みそスカスカな生徒でごめんなさい :cry:
なのでDiminishの増4度はV7thの増4度とは意味合いが違うのです。3度7度の役割でもなくコードトーン(7thがありません)もスケールから派生していないなので解決しにくい(解決だらけ(笑))の和音になります。増4度が2つも共存してますからね 。(〃^∇^)o_彡☆あはは。悪魔の様なコードだ(爆!。
でもこれはトライトーンと違います。V7thでもありませんしV7thにおける解決とは違うものですから 。
ここは完全に勘違いしてました笑
改めてディミニッシュスケールを意識して見てみれば、
どこにもⅤ7のコードトーンがないですね^^;
ドミナントスケール=Ⅴ7のコードトーン+テンションノートの基本を忘れてました。
長三度~短七度のトライトーンが“Ⅴ→Ⅰ”という解決を促するんでしたね。
なので極端にこんなことも出来ます。E7 - A7 - D7 - (CM) - C7- G7- F7 - Bb7……など。もちろんこれを代理コードで分けたりSDと分解してみたり、偽終止を使ったり実際は様々です。ここでは混乱するのでこの位で :roll:
Ⅴ7がいっぱいだぁ :shock: っっ笑
でも、D7→CMとかの進行がトニックに解決してないように思えるんですが・・・ :|
機械的に並べてみたと。当時の音階の確立の時代において様々な試みがなされた訳です。コンディミは比較的現代的な考え方ですが、やはり数学的な機械的な並びです(ただしこれはモードにおいて重要な意味を持つ)。
んんっ・・・数学科の血が騒ぐ・・・、なんてことは置いておいて笑
半音、全音、半音、全音、・・・なんて怖いくらい人工的ですよね^^;
よっしゃ!!
じゃあ、♯系から行きます。

D7(b9)@Key=G(#=F) = D F# A C Eb
 ∴ D7 ⇒ F#dim, Adim, Cdim, Ebdim

A7(b9)@key=G(#=F,C) = A C# E G Bb
 ∴ A7 ⇒ C#dim, Edim, Gdim, Bbdim

E7(b9)@Key=A(#=F,C,G) = E G# B D Fb
 ∴ E7 ⇒ G#dim, Bdim, Ddim, Fbdim

B7(b9)@Key=E(#=F,C,G,D) = B D# F# A C
 ∴ B7 ⇒ D#dim, F#dim, Adim, Cdim
:shock: ・・・・・えっとD7,A7,E7の「b9th」音が全部間違っています。順にD#,A#,E#(F)となる訳です :o 。コードトーンは合っている様なので、テンションの理解がまだ難しいのかな?確認してみて弾いてみて下さいね :o 。Rootの単なる半音上がb9thです。
b9thがその書き方からして「M9th(M2nd)を半音下げる」という意味に取って、
例えばD7なら「Dコンディミのb9thはEの半音下だ!」と思ってD#をEbとしたのですが、
純正律とかの考えだとやっぱり変わってくるってことでしょうか :?:

D7(b9)@Key=G(#=F) = D F# A C D#
 ∴ D7 ⇒ F#dim, Adim, Cdim, D#dim

A7(b9)@key=G(#=F,C) = A C# E G A#
 ∴ A7 ⇒ C#dim, Edim, Gdim, A#dim

E7(b9)@Key=A(#=F,C,G) = E G# B D F
 ∴ E7 ⇒ G#dim, Bdim, Ddim, Fdim
ジャズやる〜と言う訳ではないので良いと思います(笑)それとも?! (〃^∇^)o_彡☆あはは
ジャズも興味ありますよ~ :wink:
今日バイト中に音大卒業してミュージシャンやってる人と話してて、
ちょっと音楽理論の話になったのですが、
やっぱり「オルタードとかテンションとかって、やっぱジャズって感じだよね」って言われました笑
もっと勉強して、だいたい分かってきたら探ってみたいとおもいます :D
コードブックを買って来て一個一個覚えるよりも、流れで覚えた方が音楽的ですし、より曲の解釈、和声への造詣が深くなります :o 。同じく生徒さんにはそう覚えてもらっています :o
わかりました!
繋がりのなく、単純にコードだけを淡々と練習して覚えてもつまらないですしね^^;
このドミナントのポイントはなんと言ってもテンションでしょう。b9thから発展でDiminishが使える。b13thからはオルタード。。(もちろんHmP5thDownもありますが。なので初期段階で大雑把に覚えるには、Im6(トニック)に解決する時はb9thもb13thも使えると言う事です。b13=#5thなのでホールトーンも使えます。
まとめ、ありがとうございます :D
再確認できました。
マイナーのドミナントのテンション=b9th,b13thですね!

まだディミニッシュ一覧表が完成してませんが、ちょっと時間的につらいので笑
お昼にまた書きます :chaud:
未来は僕等の手の中!!

黒白・無外流
記事COLON 200
登録日時COLON 土 2 2 2008, 03:51
お住まいCOLON 新潟県新潟市西区

Re: 音階による派生するコード(短音階)

投稿記事 by 黒白・無外流 » 月 7 4 2008, 07:55

プレーンさんおはようございます :o
数学科の血が騒ぎつつ、苦戦中でしたか :) 。苦戦って凄く良い事なんですよ :o 、人から聞いた事はすぐ忘れやすいけど自分で苦労して血となり肉となった糧は一生消えません(経験上)なので焦らずゆっくり来年の自分を思い浮かべ「楽しんで苦戦」して下さいね :ouioui:

新入生のシーズンかぁ・・・・。青春だなぁ :roll: 。私は学業からすぐドロップアウト(爆!、して音楽の世界に無謀に飛び込んだので学業経験がほとんどありません(笑)。かわいこちゃんが入って来ると楽しいねw :wink:

さて
:desole:
まずお詫び!!!。Diminishのテンションは全部合ってます。大ボケでした :chaud: 。。。なんであんな勘違いしたんだろう。プレーンさんが合ってます〜誠にもって面目ない :chaud:
ただA7の時のキーがG?。これ勘違いかな?Dです。クラシックギタ—の曲でも多く出て来ますね。Guitar向けのキーです。あとは全部満点です!。拙者が大ボケ噛ましました :cry: とほほ。
ドミナントスケール=Ⅴ7のコードトーン+テンションノートの基本を忘れてました。
長三度~短七度のトライトーンが“Ⅴ→Ⅰ”という解決を促するんでしたね。
!そうです :o 。これさえ押さえておけば機能的和声はかなり解釈出来るはずです。それも自分でご苦労なさった訳ですから宝ですよ〜♪。
なので極端にこんなことも出来ます。E7 - A7 - D7 - (CM) - C7- G7- F7 - Bb7……など。もちろんこれを代理コードで分けたりSDと分解してみたり、偽終止を使ったり実際は様々です。ここでは混乱するのでこの位で :roll:
Ⅴ7がいっぱいだぁ :shock: っっ笑
でも、D7→CMとかの進行がトニックに解決してないように思えるんですが・・・ :|
・・・沈黙。あ、あら?そうです。。 :chaud: G7が抜けてます。お詫びに7th沢山がお気に入りなようなので、ぐるっと回してみましょうか :twisted: 。やったら止められないメビウスの輪ドミナント地獄(爆! :twisted:

C7 - F7 - Bb7 - Eb7 - Ab7- Db7 - Gb7 - B7 - E7 - A7 - D7 - G7- C7 ....etc

どこまで行っても終わりません(笑)。これが5度圏というやつの一つです :roll:
ジャズやる〜と言う訳ではないので良いと思います(笑)それとも?! (〃^∇^)o_彡☆あはは
ジャズも興味ありますよ~ :wink:
今日バイト中に音大卒業してミュージシャンやってる人と話してて、
ちょっと音楽理論の話になったのですが、
やっぱり「オルタードとかテンションとかって、やっぱジャズって感じだよね」って言われました笑
もっと勉強して、だいたい分かってきたら探ってみたいとおもいます :D
そっかオルタードがジャズか(笑)・・・うん確かに雰囲気はそうですね(笑)ジャズについて書くと長いしこのフォーラムにはそぐわないので止めておきます。ただ良い音楽を自分の中に染み込ませる事はこれまた時間のかかる事なのですが音楽性の感性の拡大にいつか重要な意味を持つ様になりますので、いろいろ聞いてみて下さいね。ギタ—以外の音楽もとても良いものです。
コードブックを買って来て一個一個覚えるよりも、流れで覚えた方が音楽的ですし、より曲の解釈、和声への造詣が深くなります :o 。同じく生徒さんにはそう覚えてもらっています :o
わかりました!
繋がりのなく、単純にコードだけを淡々と練習して覚えてもつまらないですしね^^;
:oそうなんですよ!。多くのギタ—に触れる人がここでつまづいて挫折してしまう。もったいない :| 。例えば拙者がクラシックを学ぶのもコードと言う記号の世界に飽きて和声の流れで感じたいという要素もあります。コードは便利ですがその瞬間を切り取ったシンボルでしかありませんし、コードネームを読んで歌って演奏する訳ではないですからね(爆!。でも造詣があるには越した事がないとは思いますが、私自身演奏中は結構いい加減にコードを忘れて流れで弾いてますね〜。
再確認できました。
マイナーのドミナントのテンション=b9th,b13thですね!
はい!上手くまとめて頂きました! :o ではこの巻はこれで完了ですね(笑)。大変お疲れさまでした。 :o
Jazz長屋からクラシックを意識して二十年近く。右も左も分からない初心者です。

プレーン
記事COLON 43
登録日時COLON 金 21 3 2008, 01:56

Re: 音階による派生するコード(短音階)

投稿記事 by プレーン » 木 10 4 2008, 06:47

おはようございます :guitare:
苦戦って凄く良い事なんですよ 、人から聞いた事はすぐ忘れやすいけど自分で苦労して血となり肉となった糧は一生消えません(経験上)なので焦らずゆっくり来年の自分を思い浮かべ「楽しんで苦戦」して下さいね 。
はい!
実技(?)の方もタブ譜じゃなくて五線譜見て押さえられるようにしたら、
音符とかコード名の方が見たと押さえる位置のイメージが出るようになりました。
新入生のシーズンかぁ・・・・。青春だなぁ :roll: 。私は学業からすぐドロップアウト(爆!、して音楽の世界に無謀に飛び込んだので学業経験がほとんどありません(笑)。かわいこちゃんが入って来ると楽しいねw :wink:
漫画みたいですね! :shock: かっこいい・・・! :?
ですが、新歓(もとい、勧誘 8) )も授業忙しくなるし、
こんな不規則な生活できるのも今週までです :cry:
ちなみに、ウチのクラスの女の子、人数少ない分みんなカワイイですよ! :wink:
贔屓じゃないです(*´艸`)*
Diminishのテンションは全部合ってます。
よかった~! :D
でも、E7の代理を初めFbdimにしてたんで(→Fdim)、ここは間違ってました :cry:
ただA7の時のキーがG?。これ勘違いかな?Dです。
はっ :shock:
そうでした・・・A7の四度上のDでした(_ _;)
{A Ionian} = A, B, C#, D, E, F#, G#, A,...
ドミナントスケール=Ⅴ7のコードトーン+テンションノートの基本を忘れてました。
長三度~短七度のトライトーンが“Ⅴ→Ⅰ”という解決を促するんでしたね。
!そうです 。これさえ押さえておけば機能的和声はかなり解釈出来るはずです。それも自分でご苦労なさった訳ですから宝ですよ〜♪。
ありがとうございます~ :D

Ⅴ7がいっぱいだぁ っっ笑
でも、D7→CMとかの進行がトニックに解決してないように思えるんですが・・・
・・・沈黙。あ、あら?そうです。。 G7が抜けてます。お詫びに7th沢山がお気に入りなようなので、ぐるっと回してみましょうか 。やったら止められないメビウスの輪ドミナント地獄(爆! 。

C7 - F7 - Bb7 - Eb7 - Ab7- Db7 - Gb7 - B7 - E7 - A7 - D7 - G7- C7 ....etc

どこまで行っても終わりません(笑)。これが5度圏というやつの一つです
未だに五度圏覚えられてないんですよね^^;
とりあえず、一周してきました :D 笑(Eb7,Ab7あたりのコードは怪しいですけど :chaud:
グルグル回りますね~・・・ :roll:
ただ良い音楽を自分の中に染み込ませる事はこれまた時間のかかる事なのですが音楽性の感性の拡大にいつか重要な意味を持つ様になりますので、いろいろ聞いてみて下さいね。ギタ—以外の音楽もとても良いものです。
そうですね・・・。
まさにスポンジみたいに色んな音楽をドンドン吸収できたらいいんですが :cry:
まず、自分が音痴なので大変ですけど^^;
最近バイオリンと・・・、篠笛に興味があります笑
バイオリンは吹奏楽部の友達に借りれば良いんですが、
篠笛が手に入らないんですよね@@;
中学校の時、授業で使ってた筈なんですが・・・ :?
あと、新学期始まりましたし、ちょっと軽音部(ジャズ研)見てみますね :wink:
多くのギタ—に触れる人がここでつまづいて挫折してしまう。もったいない 。例えば拙者がクラシックを学ぶのもコードと言う記号の世界に飽きて和声の流れで感じたいという要素もあります。コードは便利ですがその瞬間を切り取ったシンボルでしかありませんし、コードネームを読んで歌って演奏する訳ではないですからね(爆!。でも造詣があるには越した事がないとは思いますが、私自身演奏中は結構いい加減にコードを忘れて流れで弾いてますね〜。
弾き語りしてる友達も「コードは曲弾きながら覚えるもんだ~」って言ってました :D
よく「Fコードが弾けなくて止めた」って話を聞きますし笑
私も3フレットセーハでCメジャーを弾くとき、
よく人差し指と小指でベタッと押さえちゃったりしてます。
(M13thのテンションは無視です :twisted:
ではこの巻はこれで完了ですね(笑)。大変お疲れさまでした。
ありがとうございました!
・・・じゃあ、次はセカンダリードミナントのトピックを弄らせていただきたいと思います(; ̄ー ̄)
未来は僕等の手の中!!