長調と短調て?

cross98
記事COLON 48
登録日時COLON 木 7 8 2008, 08:08
お住まいCOLON 神奈川県大和市

長調と短調て?

投稿記事 by cross98 » 金 8 8 2008, 18:33

すごく初歩的な質問なのですが、長調と短調てなにが違うのでしょうか?
長調は明るい感じで、短調は哀愁を帯びた感じと言うイメージがあるのですが、
そもそも長調、短調の違いがわかりません。
どなたかお教えくださいませんか?

meruo
記事COLON 3
登録日時COLON 水 30 7 2008, 21:56

Re: 長調と短調て?

投稿記事 by meruo » 金 8 8 2008, 19:19

はじめまして、meruoと申します。まだ登録たばかりですが、コメントさせていただきます。
長調と短調を分ける決定的なことは、音階でいう3番目の音が、根音との関係で長3度の
関係なら長調、短3度の関係なら短調になるところだと思います。具体例でいきますと、
ハ長調のドから数えて3番目の音がミなら長調、3番目の音がミ♭なら短調になります。
三和音ですと、ド ミ ソ なら長三和音となり、ド ミ♭ ソ なら短三和音となります。
また同じ根音で長調から短調にする場合には、ド レ ミ ファ ソ ラ シ ド を
ド レ ミ♭ ファ ソ ラ♭ シ♭ ド というように第3、6、7音に♭をつけます。(自然短音階)
あと短音階には和声的短音階と旋律的短音階というのがありますが、いずれも第3音は
根音に対して短3度の関係になっております。
わかっていただけましたか?

cross98
記事COLON 48
登録日時COLON 木 7 8 2008, 08:08
お住まいCOLON 神奈川県大和市

Re: 長調と短調て?

投稿記事 by cross98 » 土 9 8 2008, 17:23

早速のご返答ありがとうございます。
理屈は理解したような気がしますが、あえて長調、短調と区別すると言う事になにか音楽的に
理由があったのでしょうか?
私は五線譜を見ながらギターを弾いていますすが、楽譜はコードだと割り切って見ています。
もし長調、短調で表現すべき内容が違うのであれば、とんでもないかんちがいをしていたような
気がしています。
ちょっと漠然とした表現で申し訳ないのですが。

remain-iihama
記事COLON 324
登録日時COLON 火 28 3 2006, 20:06
お住まいCOLON 埼玉県

Re: 長調と短調て?

投稿記事 by remain-iihama » 土 9 8 2008, 21:49

 cross98 様はじめまして。remain-iihamaと申します。
 まずはじめに言っておきたい事は
 音楽とはまず「はじめに音ありき」であり、理論や法則は後になって発見拡充されていったと言う事です。
 つまり人々が長年培ってきた、音の重なり(和音他)やつながり(旋律他)に特別な意味を見出し、人に心地良く響く音の重なりを(協)和音として理論付け、そのつながりまでを体系化したのが和声学、単音のつながりや単音要素を体系化したのが音階であるといえるでしょう。
 ですので音楽は発展してきた地域により体系が違います。例えば日本では音階は5音からなる物がありますし、アジアやアフリカでも独特の音階がたくさんあります。
 cross98 様が言っているのは、西洋(ヨーロッパ)音階ですよね。これは一オクターブを12半音(ド・ド♯・レ・レ♯・ミ・ファ・ファ♯・ソ・ソ♯・ラ・ラ♯・シ・ド)に分け、ある特定な音楽で使用される主要な音(7つ)を抽出してドから始まるオクターブ音列にまとめた、ドレミファソラシドという音列(明るく輝かしく聞こえる)を長音階(ハ長調)、ラから始まるオクターブ音列、ラシドレミファソラという音列(暗く悲しく聞こえる)を短音階(イ短調)としたものです。

 付け足しで少し詳しく言えば長調や短調を特徴付けるのは音列のつながり方(各音の間隔)の違いによるものです。
 長調の音列は、 第一音(ハ長調ではド)と第二音の間隔は全音(半音二つ分)、第二音(ハ長調ではレ)と第三音の間隔は全音、第三音(ハ長調ではミ)と第四音の間隔は半音、以降、全音・全音・全音、最後に第七音(ハ長調ではレシ)と第八音(第一音のオクターブ上)の間隔は半音となります。つまり、第一音からの間隔が全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音という8つの音のオクターブ音列を使用する音楽の事を長調という調性で呼び、一方、第一音からの間隔が全音・半音・全音・全音・半音・全音・全音という8つのオクターブ音列を使用する音楽の調性の事を短調と呼んでいるのです。
 そして出発点である第一音がド(ハ)である長調をハ長調、出発点である第一音がド(ハ)である短調をハ短調と言います。つまり12種類(ド・ド♯・レ・レ♯・ミ・ファ・ファ♯・ソ・ソ♯・ラ・ラ♯・シ)の長調と12種類の短調があるわけです。
 ただしハ短調場合、ドからの間隔を短音階である、全音・半音・全音・全音・半音・全音・全音というオクターブ音列にするには、
 ド(全音)レ(半音)ミ♭(全音)ファ(全音)ソ(半音)ラ♭(全音)シ♭(全音)ド、というように各音の間隔を直してあげる必要があります(ミ♭とラ♭シ♭の三音)。これが五線譜のはじめ(一番左側)に♯や♭の調性記号がついている理由です。
 同じように長調でも出発点である第一音がド以外の音、例えばソだとするとソからの間隔を全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音にするには
 ソ(全音)ラ(全音)シ(半音)ド(全音)レ(全音)ミ(全音)ファ♯(半音)ソ というようにファを半音あげる必要があります。これをソ(ト)長調と呼び、五線譜のはじめ(一番左側)の第一線(ファの場所)に♯付いている場合の長調です。

 以上少し脱線しましたが、結論から言えば、昔からはくぐまれてきた西洋音楽で、明るく輝かしい感じのする音楽で使用されていた主要音をオクターブ音列にまとめ、長調とし、暗くもの悲しげな感じのする音楽で使用されていた主要音をオクターブ音列にまとめて、短調と規定したのだといえると思います。 
 つまりは人の感性(音楽性)が短調と長調を区別させたのですね。そしてそこには音楽表現的に純然たる違いがあるのですね。
 ただ、現代は12音技法などの無調性の曲も存在しますし、リズムにしろ小節区切りのないものもあります。そんな近代的感覚からすると短調長調という分け方は古いものなのかもしれません。
 一方、クラッシック音楽とは、そのような古いしきたりの上で存在する音楽を楽しむ(たしなむ)物ですので、皆様には最低限のお作法は是非とも知っていて欲しいなと思います。
 最後に、cross98 様がどんな音楽をやっていらっしゃるのか分りませんが、確かに音楽(ある音のまとまり)を和声学他(和音進行他)で解析はできますが、音楽を表現するという事は、音のつながりや音の流れを、人がどう感じ(感性)、どうゆう方法や技術を用いて実音化するかと言う事ですよね。そこには無機的な音の塊があるのではなく、人の心(感性)が作り出した音霊(大袈裟か)があるのだと思います。それを感じ取る感性と、感じ取ったものを表現するための技術と創意工夫こそが、きっと音楽を生き生きしたものにするのだと思います。

 以上、とりとめも無く書きましたので乱文になってしまいましたがご容赦くださいませ。
 又、失礼な文言がありましたらお許しください。

cross98
記事COLON 48
登録日時COLON 木 7 8 2008, 08:08
お住まいCOLON 神奈川県大和市

Re: 長調と短調て?

投稿記事 by cross98 » 水 13 8 2008, 10:17

独学で楽譜からギターをやり始めたもので、楽譜はギターのポジションや奏法を記述しているものと
割り切って見ていました。と言うよりも基礎的な事柄を学ぶことを避けていたのが正直な所です。
幾つかのフォーラムを覗いていると投稿されている方々の音楽的な素養には驚かされます。
長調、短調と言った基本的な事も理解せず、ただ弾いていました。
もっとも読譜に苦労した事もなく、弾いているジャンルは様々です。
ジャズぽいものやフラメンコぽいものを時には弾きます。ただ「ぽい」と言うだけで自己満足に陥って
しまっていると、ここところ自省しています。
そんな事があり、音楽を齧っている人なら誰でも知っているような質問をさせて頂きました。
完全に理解したとはとても言えませんが、ある程度は理解できたと思います。
ありがとうございました。又、初心者の質問をさせて頂くと思いますが、懲りずに、よろしくお願いします。

Obenfeld
記事COLON 106
登録日時COLON 水 3 5 2006, 11:00
お住まいCOLON Tokyo, JAPAN

Re: 長調と短調て?

投稿記事 by Obenfeld » 木 21 8 2008, 21:29

cross98さん、こんにちは。

遅いコメントになってしまいましたが、このところ投稿が少ないようなので、雑談のような話をちょっと。

なぜ長調は楽しくて単調は哀しいのかというのは永遠の謎でしょう。でも演奏家にこれを言うとそれは違うと言われます。短調の楽しい曲、長調の哀しい曲があり、調で決まる訳ではない、ということなのですが、どうなんでしょうね。

 ところで、長調と短調の和音を物理的に見ると、長調は整数倍の周波数の音の組み合わせ、短調は整数分の一の周波数の組合せになっていると言われてますね。例えば、計算してみると、
  4f、5f、6f、8f、、、はドミソの長調の和音
  f/3、f/4、f/5、f/6、、、はラドミの短調の和音
といった具合です。要するに調和のしかたが違うんですね。音階の構成は違う要素が入ってきますので、ここでは主和音のみ。技術の理論系が不得意の方には意味不明かもしれませんがご容赦を。

世のアンプとかで音が歪む時にはいつもn倍音が加わりますね。ということは長調の音になります。信号が歪むと明るくなる??? :roll:
cross98さん、独習というのは簡単なことも行き詰ったりすると思いますが、音楽は理論より楽しむのが一番。悩んだ時に理論や基礎に戻るというのもいいかもしれませんね。
:bye:
Obenfeld

cross98
記事COLON 48
登録日時COLON 木 7 8 2008, 08:08
お住まいCOLON 神奈川県大和市

Re: 長調と短調て?

投稿記事 by cross98 » 金 22 8 2008, 12:53

音楽は理論より楽しむのが一番。悩んだ時に理論や基礎に戻るというのもいいかもしれませんね。
:bye:
Obenfeld[/quote]

私は最近まで、自分が気に入った弾き方をして楽しめればよいと思っていました。
楽譜から入り、実際の演奏を聞く事がほとんど無かったので、自分なりに適当に解釈して弾いていました。
最近になり、youtubeを利用するようになり、自分の演奏と全く違い、別の曲に聞こえるのもありました。
当然ながら、自分が弾く曲よりずっと素晴らしい演奏です。
そんな事もあり、自分なりにアレンジする前に、ちゃんと理解し弾けなければと思い始めています。
こんな基本的な事柄が理解できていないので前途多難です。

remain-iihama
記事COLON 324
登録日時COLON 火 28 3 2006, 20:06
お住まいCOLON 埼玉県

Re: 長調と短調て?

投稿記事 by remain-iihama » 土 23 8 2008, 09:51

 そうですね。まさに仰る通りだと思います。
 ご自分で楽しむだけであればどんな演奏でもかまわないと思いますが
 より良い演奏や音楽を聴いて、「どうしたらあんな風にに弾けるのかな?」 と考えると
 やはり、音楽の基本を知る必要があると思います。
 又音楽をアレンジするには、おおもとになる音楽がしっかりしている必要があります。
 そうでなければ、ただ趣くままに作曲したのと同じ事(ジャズなどではこれをします)になってしまいます。
 ところがクラッシック音楽は、作曲者の意図や形式というものを大切にしながらその上に個人の個性を重ねいてくという窮屈な作業をしなければ良い演奏とはならないのです。
 そこが長い歴史のある音楽の違いだと思います。
 ところでyoutubeで多くの演奏を見ますが、アマチュアの演奏の殆どが、クラッシック音楽の基本的事柄が解らないままに弾いてしまっています(それはそれで良しとして)。
 中にはせっかく長いキャリア(実力)とセンスをもちながら実にもったいないのですが、(どんな良く聞こえる演奏だとしても)やはり素人自慢の域を出ないといわざるを得ない演奏が多々あるのですよね(すこし厳しいかな?)。
 まぁ、youtube等ではそれでよいのかもしれませんが。
 とにかく、焦らずごゆるりと音楽に取り組んでくださいませ。