五線譜読みたい

Ogino
記事COLON 21
登録日時COLON 日 12 9 2004, 16:59
お住まいCOLON 兵庫県

五線譜読みたい

投稿記事 by Ogino » 火 25 10 2005, 23:35

五線譜をみてすらすらギターを弾きたいんですが、いい練習方法教えてください。
今のレベルは、「ド」から順番に数えていって音を認識するレベルです・・・。
「はちすずめ」にあこがれてギターを始めました。

Ryo Kawashima
記事COLON 2
登録日時COLON 土 15 1 2005, 04:16

投稿記事 by Ryo Kawashima » 水 26 10 2005, 23:29

私は、最初からすべてを把握せずにたとえばド、レ、ミの3音のみで練習して徐々に増やしていきました。しかし一番の練習は数をこなすことです。なんきょくもやってるうちに自然とおぼえてきます。ドから数えていっててもいつの間にかその速度が上がり、自然とできるようになります。あとは、スケール等の練習を組み合わせるとよりよいですね。

t-e-sato
記事COLON 9
登録日時COLON 土 4 6 2005, 01:44

スケールの練習

投稿記事 by t-e-sato » 木 3 11 2005, 20:52

なんといっても、スケールの練習が一番です。
どんなに上手く弾けるようになっても、毎日のスケールの練習は欠かせません。
また、難しい曲が弾けるようになるのにも、スケールの練習の効果は大です。

Ogino
記事COLON 21
登録日時COLON 日 12 9 2004, 16:59
お住まいCOLON 兵庫県

スケール練習って?

投稿記事 by Ogino » 木 3 11 2005, 21:13

スケール練習というのは具体的にどのスケールをやったらいいのでしょうか?
Cメジャースケールは毎日やっています。
スケール練習の目的って何なんでしょうか?私は速く弾ける事を意識して練習しているんですが。
「はちすずめ」にあこがれてギターを始めました。

待雪
Site Admin
記事COLON 466
登録日時COLON 月 14 6 2004, 20:52
お住まいCOLON 京都

Re: スケール練習って?

投稿記事 by 待雪 » 木 3 11 2005, 21:36

Ogino さんが書きましたCOLONスケール練習というのは具体的にどのスケールをやったらいいのでしょうか?
私は、時間さえ許せば、スケールは全調やっています。長調、短調をローポジション、ハイポジションで一通り。私の使っている本は、ホセ・ルイス・ゴンサレスの『ギター・テクニック・ノート』で、今はこの本に載っているスケールをやっています。

スケールの目的は、速く弾くこともあるのかも知れませんが、それは違います。
 スケールは、きちんと弾けることが大切です。決められたテンポにきちんと収まるように弾く。遅くでも速くでもちゃんと、イン・テンポで弾けることがまず重要です。
 その次は、各音にむらが出ないように、そして流れをきちんと意識して弾けること。一オクターブをひとつのフレーズとして弾けるようにして、上昇をひとつのフレーズ、下降をひとつのフレーズで弾けるようにして、上昇下降を弓なりのカーブを描くように弾けるようにします。

あと、スケールを練習するメリットはといえば、調性の感覚を身に付けるのに役立つことでしょうか。指のトレーニングとして取り組んでいるだけではもったいないのがスケールだと思います。

私はここ数年、スケールとアルペジオばっかり(だけ?)やっているのですが、このことをデルカンさんに話したら、スケールとアルペジオがよいギタリストを作るといってくださいました。スケールとかアルペジオはつまらない練習と思われがちですが、結構重要なものなんだと思います。
ギター:アストリアス D. カスタム S (2004), YAMAHA No. 45 (?)

honey helper
記事COLON 180
登録日時COLON 水 18 5 2005, 15:52
お住まいCOLON 神奈川県横浜市青葉区

ゴルフとギター

投稿記事 by honey helper » 木 17 11 2005, 18:34

honey helperと申します。
私はスケール練習がきらいで、あまりうまくないのですが、
確かに大切ですよね。

私の経験から申し上げると、スケール練習をすると「今日は指板のどの位置に、指が降りてくるか」の感覚がつかめます。
日によって微妙に1弦寄りだったり6弦寄りだったりするので、それを意識して修正していくわけです。
ちょうど、ゴルフをやる前に必ず練習場で軽く打つじゃありませんか。あれで今日のアドレス位置はなんて確認しますよね。

あんな感じがスケール練習と思っていただければいいのではないかと・・・
また、爪の状態の確認にもなりますよ。

honey helper
記事COLON 180
登録日時COLON 水 18 5 2005, 15:52
お住まいCOLON 神奈川県横浜市青葉区

5フレ、7フレ

投稿記事 by honey helper » 火 29 11 2005, 12:47

ギターは、音程を覚えるのが面倒くさい楽器です。
ピアノだったら、同じ高さのドの音はひとつしかないのに、ギターにはたくさんありますから、
迷ってしまいますよね。

私も、全ての音程をきちんと覚えているわけではありません。それでも自分なりに弾けるようにはなりますので、ご安心を。
私が、覚えているのは、5フレットまでのローポジションと、5フレの音、7フレの音という風に覚えて、後は手探りでやっています。

普通のチューニングでは、開放弦が6弦から「ミ・ラ・レ・ソ・シ・ミ」ですよね。
5フレットでは、これが一弦分ずれて6弦から「ラ・レ・ソ・ド・ミ・ラ」になります。
(2弦だけはシであるはずが、ドになりますが)
7フレットでは、さらに一音上がって「シ・ミ・ラ・レ・ファ#・シ」
こんな具合に覚えておくと、ハイポジションで音を探す時にも、便利です。

山形
記事COLON 4
登録日時COLON 木 8 12 2005, 16:26

話を戻して

投稿記事 by 山形 » 木 8 12 2005, 17:35

話がスケールの方に飛んじゃってますが、
スケールは一度覚えてしまえば楽譜を見ないじゃないですか。
やっぱり、楽譜に慣れることです。
何度も何度も音を探してるうちに、自然と、楽譜を見ると指がその音の位置に行くようになってきます。
やはり、簡単な曲でいいですから、沢山弾くことが一番だと思いますよ。
弾けてきたら、その曲にしがみつかずに、どんどん次の曲を弾いてみる。

テクニックや音楽性とは別に、楽譜を読むトレーニングの話ですから、
もしレッスンを受けているなら、そちらの方もしっかり練習してくださいね。

Ataka
記事COLON 152
登録日時COLON 火 22 11 2005, 20:08
お住まいCOLON ドイツ

投稿記事 by Ataka » 金 9 12 2005, 19:42

スケール練習もポジションを覚えるという意味では読譜の練習になるかもしれませんが、読譜にはそれなりの練習が必要だと思います。

読譜の練習は延いては初見演奏の技術に繋がって行くわけですが、実は、この練習は意外と見過ごされています。初見演奏は技術的の相当高くても苦手という人がギタリストの中には少なくありません。私自身も正直に言えば初見演奏は苦手です。以前は初見は数をこなせば何とかなるというような言い方がされていましたが、最近ではそれなりにシステマティックに身に付けるべき技術であると考えられています。しかし、日本のギター教則本にはこれをシステマティックに扱ったものは現在の所、残念ながら見当たりません(最近の教則本はチェックしていないので何方かご存知の方はお知らせください)。

読譜の練習として薦められたのは、Hector Quine & Stephan Dodgeson著による「Progressive reading for Guitarists」と言う教則本です。Ricordi社から出版されています。私自身、随分昔に購入したのですが、練習が面倒くさくて手をつけていませんでした。しかし自分の読譜力の弱さを痛感し最近やっと重い腰をあげて練習しはじめた次第です。

この本はStephane Dodgesonによって、読譜練習の目的のみに書かれた107(だったかな)のエチュードによって成り立っています。ユニークな点は第5フレット(Vポジション)で、指定されない限り開放弦は使用しない、V=1, VI=2, VII=3, VIII=4の指を変更しない、指板は見ない、運指を譜面に絶対書き込まないなど様々な制約下から始めて段階的に発展させて行きます。

しかしながらこの練習、結構忍耐が要ります。テクニックの練習などと違って、ギターに触らずにやることが多く、練習時間が限られている私にはついギターに手が伸びてしまいます。また、練習効果がどの程度上がっているのかわかりにくくて・・・(もっともまだ始めたばかりですから)。でも、初見演奏が良く出来るようになれば練習時間もぐっと短縮できますから、いまは我慢と思って練習しています。

それから、この本でも強調していた点ですが、ポジションを覚えるだけでなく、正しいリズム、音価で弾けるようになる事も重要です。ポジションの把握と同時に、リズム練習も忘れないようにしないといけませんね(これも最近痛感しています)。

Ogino
記事COLON 21
登録日時COLON 日 12 9 2004, 16:59
お住まいCOLON 兵庫県

練習中...

投稿記事 by Ogino » 日 15 1 2006, 15:46

アドバイス有難うございます!
ちなみに今私はカルカッシギター教則本で練習しています。
がんばるぞっ。
「はちすずめ」にあこがれてギターを始めました。

UENO Karen
記事COLON 48
登録日時COLON 木 2 2 2006, 14:11
お住まいCOLON 新潟から宮城に引っ越しました。

TABを書く・3本目に色を付ける

投稿記事 by UENO Karen » 金 10 2 2006, 14:47

ずいぶんと遅いレスですが、参考までにどうぞ。

こんにちは。UENO Karenです。

ギターを始めたばかりの頃は、必ずTABのついた楽譜を買っていました。
しかし、やっぱりクラッシックらしい曲はTABが無いことが多いので、やむなく自分でTABを書くようになりました。

TABには六本の線が必要なので、市販の五線紙にボールペンで一本付け足して使いました。
五線譜も同時に見られる方が良いので、まず一段飛ばしに写譜して、ギターを弾きながらTABを書き込む、という順序で作業することになります。
(最近TABノートというものを発見しました。五線と六線が交互に並んでいるノートです。)

ご想像通りおっそろしくめんどうです。しかし、3曲ぶんも作った頃にはTABなしでの読譜がそれほど苦痛でなくなったので、自然消滅しました。


また。自分は乱視持ちのせいか、五線の間のどこを見ているのかすぐに分からなくなる(特に、ラとドや、ソとシとレをまちがえる)、あるいは気がつくと一段飛ばして混乱している、ということが多く、譜面を見ていると大変疲れました。:roll:

これは、3本目の線(シのライン)を蛍光マーカーやボールペン(SAKURAのムーンライトグリーンがお気に入り)でなぞることで、劇的に改善しました。それまで一日4小節の読譜がやっとだったのが、小品なら一日で読み切れるようになったのです。これも面倒な作業ですが、導入して3年目、未だに新しい譜面にはまず線を引いています。

この作業を必要とする人はそれほど多くないかも知れませんが、たとえば本を読むときもよく行を飛ばすとか、英単語や数列を見間違う傾向のある人、楽譜を読むようになって5年も経つのにいっこうに上達しないような人は、ぜひ試してみてください。
自分は小学生の頃6年もオルガンを習ったのに、まるで読めるようになりませんでした。 :oops: 同級生は日本語を読むように楽譜も読めるようになっていったのに。

と、いうわけで、みなさんの参考になれば幸いです。

Yoshimasa Matsuno
記事COLON 43
登録日時COLON 金 30 9 2005, 00:08
お住まいCOLON 神奈川県川崎市

私もTab譜を書きます

投稿記事 by Yoshimasa Matsuno » 日 12 2 2006, 01:26

逆説的ですが、Tab離れをするにはTab譜を書いてみるのも案外いい方法です。私は、TablEditというソフトを使用しています。この手のものを使う利点は、MIDIで演奏も可能なので曲想も把握しやすいということもあります。色々やっているうちに私も簡単なものは、5線譜でOKになりました。フリーのソフトもありますので、PCでtabを作成しながら、読譜にチャレンジというのはいかがでしょうか。

それと、耳から聞いてなじみのある曲ですと、5線譜でいきなりチャレンジしても敷居が低いと思います。

こんなことを言うと怒られるかも知れませんが、インターネット上でもTab譜を掲載したサイトは多くありますし、昔から用いられている方法ですので、まあTab譜でもいいじゃんと、言えなくもありません。でも、5線譜が読めると世界が広がるのは確かですし、慣れると5線譜のほうにアドバンテージがありそうです。

乱暴に言うと習うより慣れろ、理屈じゃねーよ、という側面もあろうかと思われます。私も難しく考えずにお気楽に向き合っています。苦手意識が一番よくないのかも知れません。

勇太
記事COLON 3
登録日時COLON 水 1 3 2006, 22:53

タブ譜と五線譜

投稿記事 by 勇太 » 木 2 3 2006, 01:22

タブ譜の是非については難しいですね。
僕も最初はタブ譜を使っていたのですが、サークルの先輩曰く、曲の流れが分かりにくいのでやめたほうがいいので、やめる努力をしています。
実際、五線譜で書かれた曲の方が圧倒的に多いわけですし。
タブ譜中毒のため五線譜を読むのは遅いですが、実はタブ譜で練習すると暗譜しなくてもそこそこ弾けてしまい暗譜しようとしないので、結局五線譜で練習したほうが上達が早かったりします。曲によると思いますが。ヨークの「サンバースト」などはかなり複雑なのでタブ譜の方がよいかもしれません。
以上、あまり参考にならないかもしれませんが。

りょう
記事COLON 2
登録日時COLON 火 31 7 2007, 07:03

投稿記事 by りょう » 火 31 7 2007, 07:14

上の方々とかぶっていますが、

僕も脱Tab譜のためにTab譜を2,3曲書きました。
面倒ですが、効果はあると思います。

琵琶法師
記事COLON 60
登録日時COLON 金 18 1 2008, 16:54

投稿記事 by 琵琶法師 » 日 20 1 2008, 20:52

こんばんは。

もともとTAB譜否定派でしたが、
今ではTAB譜に直して用いるようになりました。

弦楽器の譜面としては、
TAB譜の方が素直でしょう。

ただ、実際の話としては、
五線譜も読めないと、ということでしょう。
現代の音楽の主要な伝達手段ですから。

:mouton: