右手の練習法

冬月
記事COLON 11
登録日時COLON 土 10 3 2007, 11:14
お住まいCOLON 仙台

右手の練習法

投稿記事 by 冬月 » 土 10 3 2007, 11:48

はじめまして、冬月と申します。自分はつい最近エレキギターからクラシックギターへ転向しました。なのでクラシックの曲を弾く際、左手の動きにはそれほど難はないのですが、アルペジオやトレモロ、またスケール的な動きに対して右手が思うように動きません。なので、皆様が知っている右手にスポットを当てた練習法や、「こうしたら右手の動きが良くなった」などアドバイスを教えていただければ幸いです。些細なことでもいいのでなにかありましたらお願いします。(過去に似たような投稿があったらすみません)

1992
記事COLON 40
登録日時COLON 日 4 9 2005, 12:38

投稿記事 by 1992 » 土 10 3 2007, 12:32

こんにちは。
メトロノームに合わせて最初はゆっくりと、なれてきたら少しずつテンポを上げるといいと思います。 あとは無駄な力を抜くことが重要だと思います。 大きい音を出そうとしたり無理に速くしようとするために手に力を入れてしまうと手の故障にもつながるそうなので、やはりゆっくりと自分のペースで練習するといいと思います。
あとは左手との動きが合わないと音が出ないので手の動きをあわせるイメージで練習すると良いと言う話も聞きます。 
私も右手をうまく動かす練習をしているのでお互い頑張りましょう。 

冬月
記事COLON 11
登録日時COLON 土 10 3 2007, 11:14
お住まいCOLON 仙台

投稿記事 by 冬月 » 土 10 3 2007, 14:34

1992さん、返信ありがとうございます。

返信を読み自分の練習法を振り返ると、「ピックでは弾ける速さ」に最初からもっていこうとして、ゆっくりからだんだん速くという大前提を見失いがちだったことに気づきました。(特にトレモロ)良い発見になりました、ありがとうございます。

今後も何かありましたらぜひアドバイス等してください。お互いがんばりましょう。

1992
記事COLON 40
登録日時COLON 日 4 9 2005, 12:38

投稿記事 by 1992 » 土 10 3 2007, 15:40

ただの基礎練習で飽きてきたらエチュードをやってみるのもいいかもしれませんよ。
あとは変奏曲とかは変奏によって色々な技術が必要となってくるので、
なにか1曲を完成させることができれば技術はかなりつくと思います。

はい。これからもよろしくおねがいします。

kenji10
記事COLON 43
登録日時COLON 木 15 3 2007, 04:04
お住まいCOLON 東京

右手

投稿記事 by kenji10 » 金 16 3 2007, 16:28

ヴィラ=ロボスのエチュード第1番は左手はコードで右手のアルペジオの練習になります。毎日、少しでも練習しておけばかなり右手が動くようになります。

冬月
記事COLON 11
登録日時COLON 土 10 3 2007, 11:14
お住まいCOLON 仙台

投稿記事 by 冬月 » 土 17 3 2007, 10:15

kenji10さん、情報ありがとうございます。早速練習してみようと思います。

honey helper
記事COLON 180
登録日時COLON 水 18 5 2005, 15:52
お住まいCOLON 神奈川県横浜市青葉区

投稿記事 by honey helper » 木 22 3 2007, 12:26

こういう事はゴルフの練習と一緒で、みんなが色々な事を言って却って混乱させてしまうといけないので・・・と言いながら、私も一言書いてしまいます。

エレキからクラシックへという事で、クラシックの曲を色々と練習されるのはとてもよいことだと思います。

ただ、いきなり耳になじみのない曲ばかりだと、ちょっと面白くないなあ。と感じられるような時には、「ロックの中のアコースティックナンバー」を練習されてはいかがでしょうか?

いろいろなのがありますが、例えばレッドツェッペリンの「天国への階段」のイントロ部分。これはそんなに難しくないアルペジオですので、2〜3日でマスターできます。

また、エリッククラプトンのアンプラグドのトップに入っている「サイン」という曲。これはガットギターのアルペジオで、そんなに難しくありません。1週間あればマスターできます。

その他、難しいのではエマーソン・レイク&パーマーの展覧会の絵に入っている「賢人」。イエスのこわれものに入っている「ムード・フォー・ア・デイ」などもありますが、かなり難易度は上がってしまいます(古いロックばかりですみません)。

結局何を言いたかったかと申しますと、練習に飽きた時に、遊び感覚で知っているメロディを弾いてみると楽しく上達できるのでは、という事でした。あくまでご参考までに。

冬月
記事COLON 11
登録日時COLON 土 10 3 2007, 11:14
お住まいCOLON 仙台

投稿記事 by 冬月 » 木 22 3 2007, 13:21

honey helperさん、アドバイスありがとうございます。

自分はエレキを弾いていたころ、主に70〜80年代ロックをやっていました。「天国への階段」、良いですよね、もう何回聴いたことか。そんな自分は練習に疲れたとき、DEEP PURPLEの「BURN」の第一ソロのアルペジオを弾いたり、エレキを引っ張り出してピックを使って思いっきり速弾きしたりで気分転換をしています。

今はトレモロとアルペジオの練習ということで、カルカッシのエチュードの7番と13番を練習しています。だいぶ右手が動くようになってきました。

まだまだ未熟な自分ですが、今後もよろしくお願いします。

Ataka
記事COLON 152
登録日時COLON 火 22 11 2005, 20:08
お住まいCOLON ドイツ

投稿記事 by Ataka » 木 22 3 2007, 20:22

冬月さま

Honey Helperさんの的を得た発言(↓)の後でなんですが、私からも一言。

>こういう事はゴルフの練習と一緒で、みんなが色々な事を言って却って混乱させてしまうといけないので・・・と言いながら、私も一言書いてしまいます。

他の皆様の「曲を弾いて(楽しみながら)右手の上達」というコンセプトからすると、多少退屈で苦行のような練習になってしまいますが、右手の練習に「ジュリアーニの120のアルペジオ」と言うのがあります。

http://www.muslib.se/ebibliotek/boije/p ... %20136.pdf

120パターン毎日やるとなると、まさに苦行となってしまうので、1日10パターンずつ毎日変えながらやるとかなり良い右手の練習になりますよ。注意点としては、早く弾こうとしないでゆっくりとプランティングを意識して練習すると言うことです。

あとは練習のバリエーションとして、スタッカートでアルペジオを弾くという方法も効果的です。
練習方法はp,i,m,aのアルペジオを弾くとすると、まず指をあらかじめ弾く弦の上にセットしておきます(p=4‾6, i=3, m=2, a=1弦におきます)(フル・プランティング)。
この状態で、iで3弦を弾いたらその指をすぐに同じ弦上に戻して音を切ります。他の指も同様にして弾いてみてください。そうするとアルペジオは滑らかには響かず、ぽっぽっぽっと音が切れた状態で聴こえます。
これを上記の120のアルペジオパターンで試してみてください。

この練習は右手の指のバタツキを抑えて、「叩き弾き」をなくすのに最適の練習です。また、指を弦の上にあらかじめセットする「プランティング」の練習にも役立ちます。

あまり根を詰めて何時間も練習するよりは、毎日5分くらい練習前のウォームアップくらいの気持ちでやったほうが長続きすると思います。1年も続けるとだいぶ変わります。

冬月
記事COLON 11
登録日時COLON 土 10 3 2007, 11:14
お住まいCOLON 仙台

投稿記事 by 冬月 » 木 22 3 2007, 20:58

Atakaさん、詳しいアドバイスありがとうございます。楽譜まで付けていただき、心より感謝しています。

自分は独学でギターを弾いているので、どうしたら上手く弾けるか、どうしたら良い音が出るか、などつねに模索しています。そんななか、皆様からのアドバイスや、Delcampにある皆様のコメントは、非常に有意義なもので、いつも参考にしています。多々ある情報のなかから自分に必要なものを取り込み、今後も頑張っていこうと思います。

1992
記事COLON 40
登録日時COLON 日 4 9 2005, 12:38

投稿記事 by 1992 » 水 28 3 2007, 14:05

冬月さん

 kenji10さんがいっていた曲ですがアルペジオの練習にとっても役に立つと私も思います。 私の楽譜にはpi pi pm ia (ちょっとわかりにくいですね)
っていうような運指になっているのですが pi pi pi pi など
自分でいろいろなバリエーションを考えて弾くだけで色んなパターンの練習ができますよ。

1992
記事COLON 40
登録日時COLON 日 4 9 2005, 12:38

投稿記事 by 1992 » 水 28 3 2007, 14:06

すいません。kenji10さんの曲はV・ロボスのエチュード1番のことです。

kenji10
記事COLON 43
登録日時COLON 木 15 3 2007, 04:04
お住まいCOLON 東京

投稿記事 by kenji10 » 木 29 3 2007, 03:47

色々なレビューを見てホントにたくさんの基礎連習があるのでビックリしました。こんなにいっぱいあると、どれを参考にしたらいいか選ぶのが大変ですね(笑
ちなみにV・ロボスのエチュード1番は右手の動きが全く同じことを繰り返していくだけなんで暗譜はすぐできて楽です。それにだんだん早くアルペジオが弾けるようになるのが楽しいです。
あと私も「天国への階段」の曲、大好きです。イントロもいいですよね。
木村大さんのアルバムにも入ってますけどこれはチェロとギターverなんですがホントいいです。お勧めです。何回聴いたのか分かりません。。(笑)

ichikawa
記事COLON 22
登録日時COLON 月 30 4 2007, 11:39

形と基礎練

投稿記事 by ichikawa » 水 9 5 2007, 17:45

はじめまして。少し前の話題ですが、
大学で始めたばかりのころは、右手(だけでなく左手や姿勢)の形ばっかりやってました。
指導してくれる先生がいたので、逐一注意を受けながらだったのですが、案外為になってたかもです。

右手に絞った練習は、裏技っぽいですが、人差し指と中指(他の組み合わせでも)で弦を挟んで交互に弾くとかやってました。結構即効性ありますが、普段使わない手の甲側の筋肉を鍛えるものなのでやりすぎると腱鞘炎とか怖いらしいです。
握力鍛えたり、弦がギターより重い楽器(自分の場合ウッドベース(コントラバス)ですが)弾いてたりすると、結構楽にギター弾けたりというのもありました。

基本的に毎日やっていたのは、メトロにあわせてスケール練習とかだったので自分がアドバイスするなら、形プラス教本に書いてあるような基礎練って感じです。あんま為にならなかったらすいません。
最後に編集したユーザー 1 [ ichikawa ], 累計 0 回

冬月
記事COLON 11
登録日時COLON 土 10 3 2007, 11:14
お住まいCOLON 仙台

投稿記事 by 冬月 » 水 23 5 2007, 22:28

約2ヶ月ぶりの投稿となりました、冬月です。アドバイスをくださった皆様、本当にありがとうございます。

クラシックをはじめて3ヶ月経ちました。皆様からのアドバイスや、自分で考えた練習によって、今では右手がかなり自由に動くようになりました。ヴィラ=ロボスのエチュード1番の様な急速なアルペジオをはじめ、スケール的な動きやトレモロなど、基礎的な部分は身についたと思います。

自分がここで紹介されている以外のもので行った練習のひとつに、イメージトレーニングがあります。どの部分が動かないかを考え、(自分は特にaの第一関節でした)そこを強く意識しつつ、できるだけ鮮明に自分がうまく弾けている様子をイメージしてます。そのあとまずは空気中、次に水の中で動かし、実際にゆっくりからだんだん速くしていく、といった、これといって特筆するような練習ではないのですが、弾いている様子をイメージするのは右手の練習だけでなく、曲を弾きこなすという点でも非常に有意義なものだと思うので書いておきます。集中力もつきますし。


レパートリーもしだいに増え、ギターへの愛情は日々深まるばかりです。今後も右手の練習についてのアドバイスがあれば、是非是非教えてください。それでは、冬月でした。