ハンマリング・プリング

yt
記事COLON 7
登録日時COLON 火 22 1 2008, 20:28

ハンマリング・プリング

投稿記事 by yt » 木 31 1 2008, 19:32

ハンマリングの練習をしてもなかなか大きな音が出せません;;
プリングは音さえ鳴りません。どうしたら上手に弾くことができるでしょうか??

琵琶法師
記事COLON 60
登録日時COLON 金 18 1 2008, 16:54

投稿記事 by 琵琶法師 » 木 31 1 2008, 21:11

こんばんは。

ぶっちゃけパワーです。w

練習してるうちに、パワーがついてきます。

    :bye:

yt
記事COLON 7
登録日時COLON 火 22 1 2008, 20:28

投稿記事 by yt » 木 31 1 2008, 21:38

琵琶法師さん返信ありがとうございます。

プリングは爪を弦に引っ掛けるんですよね。
今は左手は爪を短くしているのですが、爪を伸ばして弾いたほうがいいのでしょうか?

A. Takagi
記事COLON 102
登録日時COLON 水 6 6 2007, 13:34
お住まいCOLON 埼玉

投稿記事 by A. Takagi » 木 31 1 2008, 22:39

ハンマリング・オン(上昇スラー)は文字通りハンマーの様に指先で弦を打つつもりで、素早く、フレット近くを、でしょう。オーバーモーションにならないように。

プリング・オフ(下降スラー)は、爪で引っ掻くわけではなく、指頭で弦に垂直方向、指板に平行に弾くつもりで。隣の弦にアポヤンドする感じですね。それから、意外に盲点なのは、プリングする指ではなく、プリングした後に抑えている指が、しっかりとフレット近くを抑えているかどうかです。

私も曲の中ではなかなか充分な音量が出せずに苦労してますが、先生や教則本からの受け売りと、自分自身の体験からコメントしました。
Guitar : Ichizo Kobayashi Model 50 2007
Silent Guitar : YAMAHA SLG120NW

琵琶法師
記事COLON 60
登録日時COLON 金 18 1 2008, 16:54

投稿記事 by 琵琶法師 » 金 1 2 2008, 12:51

> こんばんは。
> ぶっちゃけパワーです。w
> 練習してるうちに、パワーがついてきます。

 より正確には、
 しっかり弦を押さえるパワーと
 しっかり弦をはじくスピード、かな?


> プリングは爪を弦に引っ掛けるんですよね。
> 今は左手は爪を短くしているのですが、爪を伸ばして弾いたほうがいいのでしょうか?

 A. Takagiさんのいうとおり、爪でなく指頭ではじきますよ。よって爪は短い方がいいかな。

       :titanic:

yt
記事COLON 7
登録日時COLON 火 22 1 2008, 20:28

投稿記事 by yt » 金 1 2 2008, 20:22

A. Takagiさん琵琶法師さんアドバイスありがとうございます。

なるほど、指頭で弾くんですね。プリングした後に押さえている指もあまり気にしないで弾いてました。フレット近くを押さえて弾くというのもあまり意識していなかったので注意していこうと思います。

もっと練習して頑張ります。

Tishisak
記事COLON 104
登録日時COLON 月 22 1 2007, 19:38
お住まいCOLON 筑紫野

ポイントは

投稿記事 by Tishisak » 土 2 2 2008, 15:53

ytさん、はじめまして。

ハンマリング、プリングはなかなか難しいテクニックですね。
(クラシックの世界ではTakagiさんがおっしゃるように、
 上昇(上行)スラー、下降(下行)スラーというのが普通かな)

手元にある本(「極楽クラシックギター」)の中の、
富川勝智さんの説明を引用してみます。
上行スラー(ハンマリングのことです)は、
「たたいて音を出すといっても、それは力によるものではありません。
 あくまでもスピードによるものであり・・・」と書いてあります。
スコットテナントScottTennantも名著「パンピングナイロン」で、
Speedを重視し、Snapということばを使っています。

プリングは、Takagiさんのおっしゃるとおり、
「まずは左手でのアポヤンド練習を」と富川さんも進めています。
やり方が分かりにくかったら、
上記の「パンピングナイロン」を見て下さい。
良い例と悪い例が図示されています。
本屋さんで立ち読みでもされることをお奨めします。
(もちろん、テキストとして持っていて損のない本ですけど)

練習の際の、ご参考になれば幸いです。

A. Takagi
記事COLON 102
登録日時COLON 水 6 6 2007, 13:34
お住まいCOLON 埼玉

スラー or ハンマリング、プリング

投稿記事 by A. Takagi » 土 2 2 2008, 16:49

もともとのご質問からは離れてしまいますが。
Tishisak さんが書きましたCOLON (クラシックの世界ではTakagiさんがおっしゃるように、
 上昇(上行)スラー、下降(下行)スラーというのが普通かな)
そうなんですよね。そういう使われ方で定着しているのは事実ですし、それで特に不具合もないのですが、ただ、まったくの個人的見解としては、

スラーは五線譜に記載される記号で、音楽的な効果を表す(音を滑らかにつなげる)。それをギターで実現するテクニックとしては、ハンマリング・オンやプリング・オフ、あるいはグリッサンドやポルタメントなどがある

という風に使い分けるのが合理的なんじゃないかなあ、と思います。五線譜におけるスラーの箇所をグリッサンドで弾くことだってあるわけですから、五線譜の記号とギターのテクニックは用語を別にしておいた方が良いのかなあ、と。

という訳で、あの技術を「スラー」と呼ぶことに、どことなく微妙な抵抗感があるんですよね。そんな風に思う方、いませんか? アコースティックやエレキから入った人なんかは、そういう傾向があるんじゃないでしょうか??
Guitar : Ichizo Kobayashi Model 50 2007
Silent Guitar : YAMAHA SLG120NW

yt
記事COLON 7
登録日時COLON 火 22 1 2008, 20:28

投稿記事 by yt » 土 2 2 2008, 19:51

TishisakさんA. Takagiさん返信ありがとうございます。

上行スラーはスピードですか。なるほど。スピードをつけるにはやはり練習ですかね^^;パンピングナイロンについて他のトピックで書かれているの見かけました。図示までされているのですね。分かりやすそうなのでぜひ本屋さんで探してみたいと思います。

奏法と演奏記号は別ということですね。今まで気にしないでそういう言葉を使ってました。色々考えてみると面白いですね。