指頭奏法はもう廃れてしまったのでしょうか?

固さ、かたち、長さなどなど
cross98
記事COLON 48
登録日時COLON 木 7 8 2008, 08:08
お住まいCOLON 神奈川県大和市

指頭奏法はもう廃れてしまったのでしょうか?

投稿記事 by cross98 » 火 16 9 2008, 12:31

cross98です。

40年程前にはじめてギターをやり始めた時に、確か銀と黄色の表紙だったと記憶していますが、溝渕氏のカルカッシ教則本から
独学で弾き始めました。
その時に指頭奏法と爪(何と表現していたか覚えていません)を使った奏法と大きく2種類ありました。
私の爪は各指で全く形が違い、初めから指のみで弾いていました。
ギターを再開してから時に爪を伸ばしたりする事もありましたが、指先から1ミリ程度しか伸ばした事はありません。
あまり伸ばすと、指先と爪との間隔が各指で違っている為、どの指で弾くかによって音色が異なってしまう気がしている為です。
私のような各指で爪の形状がバラバラと言う人は少ないのでしょうか?
もし、私と同じような悩みを持っている人がいたら、どのように解決されているのでしょうか?
指頭で弾くと柔らかい音色になりますが、時には澄んだ、鋭い音色も出してみたいと思います。
これは、爪の問題ではなく、弾き方の問題なのでしょうか?

remain-iihama
記事COLON 324
登録日時COLON 火 28 3 2006, 20:06
お住まいCOLON 埼玉県

Re: 指頭奏法はもう廃れてしまったのでしょうか?

投稿記事 by remain-iihama » 火 16 9 2008, 14:25

 爪の問題ですが
 やはり各指の爪のばらつき(カーブの付き方、爪の離れ具合他)と指自体の長さや太さそして関節の曲がり具合が、弾弦時には影響してきます。ですので、夫々の指で爪の長さや削り方の工夫、右手のタッチや指の角度など、を微調整して一番しっくりするフォームと爪の具合を探し出す必要があります。と言う事でどんな指(爪)の持ち主でもある程度は良い音で爪弾きできると思っています。
 また誰でもpimaのすべての指の出す音が全く同じと言う事は無いと思います。ですのでぞれぞれ微妙ですが違う音質をばらつきが最小になるように工夫することも必要になってきます。
 私の場合、特にa指の音が気に入らないのですが、これを補完するようなタッチやフォームがあると思って未だに試行錯誤を続けています。
 また、タッチやフォームの工夫によっては、随分と短い爪でも爪弾きが可能となります(ただし指への負担が増えるかもしれません)。
 なんと言っても爪弾きの艶のある音は魅力ですよね。指頭奏法の利点もさることながら、爪弾きの利点の方が勝っているのかもしれません。一度トライしてみては如何でしょうか。
 

cross98
記事COLON 48
登録日時COLON 木 7 8 2008, 08:08
お住まいCOLON 神奈川県大和市

Re: 指頭奏法はもう廃れてしまったのでしょうか?

投稿記事 by cross98 » 土 20 9 2008, 09:26

remain-iihama様
お返事ありがとうございました。
時々は少し爪を伸ばして弾いてはみるのですが、トレモロをやるとカシャカシャと言う音がたまにする事があります。
おっしゃる通り、当たる角度がおかしいのだと思っています。トレモロ以外ではそんな事はないので、トレモロの
弾き方に問題があるのかも知れません。
確かに爪を少しでも使って弾くととても澄んだ音色が聞こえてきます。
ただ今のところ、自分にとってどんな形に爪をすればよいのか見当がつきませんが。
しばらくは試行錯誤をやってみます。でも時には指頭で弾いてみたくなるとは思いますが。

remain-iihama
記事COLON 324
登録日時COLON 火 28 3 2006, 20:06
お住まいCOLON 埼玉県

Re: 指頭奏法はもう廃れてしまったのでしょうか?

投稿記事 by remain-iihama » 土 20 9 2008, 09:55

 トレモロじの雑音ですが、これは弦に爪があたる音ですね。
 皆さんトレモロは速い動きで余裕がないので、弦を叩くようなタッチになりやすいのです。
 で、雑音が多くなります(私もそうです。今矯正中です)。
 この雑音(トレモロに限らず)というのが難儀でして、これを如何に無くすかでプロでも試行錯誤するのです。
 方法としては、右手の指の角度と手のひらの角度とともに爪の削り方の改善(接弦時に爪ではなくまず肉が当たる事)。弾弦時のアクションを小さくする事やプランティング練習。等が考えられます。
 このフォーラムの他のトピックにも参考になるものがたくさんありますので、頑張ってきれいな音で弾いてくださいませ。
 ではまた。