アポヤンドでの爪の引っかかり

固さ、かたち、長さなどなど
Shine
記事COLON 3
登録日時COLON 火 22 8 2006, 12:48

アポヤンドでの爪の引っかかり

投稿記事 by Shine » 火 22 8 2006, 12:57

アルアイレのときはほとんど気にならないのですが、
アポヤンドしようとするととたんに、特にiとmの爪が引っかかり、
音が均等な間隔でなりません。
引っかかるためテンポがずれてしまいます。

いろいろ爪の工夫をしてみたのですが、
今のところある程度短く切る他解決策がない状況です。

皆さんはこんな経験ありませんか。
解決するのにどのようにされたか教えていただけるとうれしいです。

HAUSER508
記事COLON 17
登録日時COLON 日 30 7 2006, 00:30
お住まいCOLON 兵庫県芦屋市

Re: アポヤンドでの爪の引っかかり

投稿記事 by HAUSER508 » 火 22 8 2006, 16:23

Shineさん、はじめまして。HAUSER508と申します。
細々と兵庫県でギター教師をしております。

さて、表題のご質問ですが、アルアイレでは問題ではない、とのことなので、爪の削り方には問題ないものと思います。
多分、アポヤンドを行うときに、力んでしまって必要以上に指頭が弦に食い込み、爪の裏側に弦が入り込んでしまっている状態なのでしょうね。
アポヤンドをしようとして力む余りに、弦の当る位置がアルアイレに比べて深くなって、指の第一間接側に寄っていませんか?
それと、弦をはじく時に指の先のほうだけを動かして、弦を表面版に垂直の方向に振動させていませんか?
音をしっかりさせ、綺麗な音を出すためにも、手の甲を余りサウンドホールに近づけずに、指の動きは、指の根元から動く感覚でしたほうが良いようです。
意識としては、指頭と爪の先端が同時に当たる意識で、弾いた弦の振動が表面版と平行になるようにしてみてはどうでしょうか?

実際には、爪の形、腕の位置、手の角度等を拝見したわけではないので、とりあえず、考えられることを書いてみました。
もし、他に何かあるようでしたら、又書き込みしてください。
参考になればよいのですが、、、、、
では。

remain-iihama
記事COLON 324
登録日時COLON 火 28 3 2006, 20:06
お住まいCOLON 埼玉県

タッチ

投稿記事 by remain-iihama » 火 22 8 2006, 19:37

 Shineさん、はじめまして。半端者のremain-iihamaと申します。
 HAUSER508がご説明しているので気になる点を少し。
 私も初心者の頃はアルアイレで練習していました。
 でも、音の質と音量の点でアポヤンドが必要になります。
 で、アルアイレと同じタッチでアポヤンドを弾こうとすると
 どうしても指の角度が深くなり、つめがひっかかりぎみになりました。
 今では逆にアポヤンドの弾き方を前提として、爪の長さや削り方を決めていますし
 アポヤンドの音に近いアルアイレの音を出すようにタッチも変えています。
 何処程度まで追求するかにもよりますが
 しっかりした艶やかなアポヤンドの音を出す事がギターの楽しみをましてくれると思います。
 ですのでアルアイレの弾き方ですが弦を引っかくと言うより、押さえ込んだ弦を離すという感覚(プランティング)で弾くとアポヤンドもコントロールがしやすいかもしれませんね。
 手のフォームにも関連していますのでここではこのくらいしか言えません。悪しからず。

Shine
記事COLON 3
登録日時COLON 火 22 8 2006, 12:48

ありがとうございます

投稿記事 by Shine » 火 22 8 2006, 22:59

アルアイレで問題ないため爪は問題なさそうということがわかりひとまず安心できました。爪というよりもフォーム、弾き方のようですね。お二人のコメントを参考に試してみます。

もし何か発見があったらまた書き込みたいと思います。

HAUSER508
記事COLON 17
登録日時COLON 日 30 7 2006, 00:30
お住まいCOLON 兵庫県芦屋市

Re: 正しい爪の削り方

投稿記事 by HAUSER508 » 火 22 8 2006, 23:52

HAUSER508です。

まずは安心して頂いたようで、良かったです。 :P
良く教本などに「右手の爪の削り方」として書いてあったりしますが、基本的にはこういったものというのはあっても、こうでなければならないという形はありません。要は、雑音のないきれいな音が出ればよいのですから、、、、
リメインさんも書いておられますが、右指が独立して動くようになり、ある程度の力もついてくると、当然に初心者の時とは削り方も、長さも違ってくるようになります。
ただ、いつも綺麗な音を聞いて、頭の中に綺麗な音の具体像を持っている人の音は綺麗なことが多いです。(爪の形がどうとか、ではなく、)
30年以上前、師匠に導かれて、ギターを持たずにヨーロッパにセゴヴィアの演奏会を3度ほど聴きに行ったことがありましたが、その度に、日本に帰ってきて、ギターを弾いてみると、びっくりするほど音が綺麗になっていたのに、驚いていたことがありました。
もっとも、セゴヴィアの音の記憶が薄れるにつれて、音も元に戻りましたが、、、、(笑)

良い音をたくさん聴かれて、良い音を出してください。

ちょっと、蛇足気味ですが、、、、、、

Shine
記事COLON 3
登録日時COLON 火 22 8 2006, 12:48

試してみました

投稿記事 by Shine » 日 27 8 2006, 13:07

HAUSER508さん、remain-iihamaさんのコメントを参考にして練習してみました。

特に
・弦の振動が表面板と平行になるようにする
・弦を引っかくというより押さえ込んだ弦を離す

を意識することによりかなりよく引けるようになりました。 :o

ただ今でも10回に1回くらいは自分の思っているテンポよりほんの少しだけ
引っかかって遅れることがあります。爪がまだ引っかかっているためと
思われます。

あまりあせらず気長に練習しようと思っています。

ありがとうございました。

remain-iihama
記事COLON 324
登録日時COLON 火 28 3 2006, 20:06
お住まいCOLON 埼玉県

爪の削り方

投稿記事 by remain-iihama » 日 27 8 2006, 18:53

 このフォーラムの他のところでも触れられていますがまた少し気になったので
 関連補足します。

 爪の長さや削り方によって音質が変わる事は皆さんご存知ですよね。
 又、弾き易さや力加減も随分異なります。
 自分の事で恐縮ですが、
 私は各指の親指側の生え際は短く真ん中に行くにしたがって長くなるように斜めに削っています(フォームやタッチにより様々ですからあくまで私の場合)。
 それと共に爪先の断面が丸みを帯びるように削り、表面が光るまで丁寧に仕上げます。
 この仕上げが音にとってとても重要に思います。爪先にちょっとしたがさつきや引っ掛かりがあると、音が変わってしまいます。
 又全体的に短めに爪を調整していますから、爪弾きと言うより、指頭左側面タッチ気味で接弦し、爪の真ん中あたりの離弦という事になりましょうか。
 で、本題ですが指の形にもよりますが爪の削り方で引っかかり易くなる事がありますね。
 もしかしたらこんな事も関係しているのかと思い補足致しました。悪しからず。

sunburst
記事COLON 16
登録日時COLON 月 29 5 2006, 19:26

投稿記事 by sunburst » 水 6 9 2006, 19:48

Shineさんの爪の状態と引き方を目で確認したわけではないので、一概には言えませんが、弦を引いた後、指を抜くときに指を上に上げないでそのまま引き上げようとしているのではありませんか?

ところで、皆さんは爪の長さと形はどのようにしていますか?私のついている先生は爪は短めで丸くするように指導されていますが、雑誌で村治奏一さんは爪を四角く削っていてしかも結構伸ばしている感じがしました(強い音を出すために、とのことですが)。
結局、弦は指と爪とどちらで引いた方が良いのか分からず、指を使って練習していますが。。。皆さんはどうお思いでしょうか?

awa
記事COLON 25
登録日時COLON 木 5 10 2006, 12:11

四角に削る爪

投稿記事 by awa » 土 21 10 2006, 16:06

私自身は爪は丸く削っています。
指先と同時くらいに爪がタッチするようにしています。

たまに四角く削ると(と言いますか、直線で削ると)タッチはちょっと変わりますが、弦の抜けがよく音もシャープなような気がします、が2〜3日すると、どうもしっくりこなくて丸い削り方に戻してしまっています。

ken
記事COLON 2
登録日時COLON 日 26 11 2006, 19:22

爪自体の長さ

投稿記事 by ken » 日 26 11 2006, 19:38

こんばんは、はじめまして、今日、今さっき登録したkenです。よろしくお願いしますね。私は深爪気味な爪ですがそれでもあえてかなり短い爪で演奏しています。
指の腹側から見て0.5ミリくらいです。爪というよりほとんど指の肉を使ってます。
古典派などの演奏にはあわない音色になりますが太くて伸びやかな音色、そして
なにより引っかかりにくいという理由です。親指だけは若干長くないとだめですが。

どんな長さであっても常に指の肉の丸みに平行して削るようにするのが
ミソだ!って先生がおっしゃっていましたよ。
よろしくです