偶然の出会い!中出阪蔵

楽器についていろいろ
CGFUN
記事COLON 54
登録日時COLON 火 26 8 2008, 15:45

偶然の出会い!中出阪蔵

投稿記事 by CGFUN » 月 29 9 2008, 18:59

新しい旗を1本立てましょう!
8月のある日、ネットオークションをサーフィン中、あるクラシックギターを見つけました。そのギターは為書きがくっきりと写っていました。その名前を見てビ・ビックリ!
高校時代の英語の恩師の名前でした。思い起こせば、その先生は当時クラシックギター部の顧問でした。当時小生はフォークブームに乗り、岡林信康などの曲を
コピーして友と楽しんでいましたので、クラシックギターには全く興味がありませんでした。あれから40年の時空を超えて、恩師に会えるとは・・・(恩師は4年程前に他界され
葬儀にも参列しました。) あのとき入部していれば、小生の人生も変わったものになっていたかも分かりません。(~~;
たまたま入札が無かったので、どうしても入手したいと思い、出品会社にメールして、そく購入を決めました。(値段は15万円弱) そのギターが中出阪蔵1967年製でした。
届いたそのギターは、ネックが反り、傷もたくさんありましたが、幸いなことに表板も裏板も割れがありませんでした。材質は裏・横はハカランダ、表は松でペグはへフナーの
最高級のものでした。(^^) しかし、音はしばらく弾いていないからなのか、弦が良くないのか・・・音がこもって、ボリュームもなく最悪の状態でした。(**)
やはり、リペアーした方が良いと考え、お弟子さんの稲葉征司氏にお願いしました。全面塗装(カシュー)、ネック反り修正、弦高修正などでしめて11万円也。(痛)
約1ヵ月後に帰って来ました。新品同様です。しかし、音は以前のまま・・・ククク 弦を新品に交換し、約1ヶ月毎朝晩弾き込むと・・・アーラ不思議・・・
ボリュームはアップし、音の分離もすっきり、音の立ち上がりもよく、高音・低音のバランスもグー。更にネックも薄く弾きやすい。言うことなし・・・最高です!
恩師のギターをこんな形で弾くことになり感慨深いです。しめて25万円にもなりましたが、お金に勝るものを得たようで嬉しいです。

remain-iihama
記事COLON 324
登録日時COLON 火 28 3 2006, 20:06
お住まいCOLON 埼玉県

Re: 偶然の出会い!中出阪蔵

投稿記事 by remain-iihama » 火 30 9 2008, 17:05

 良い出会いをされて何よりです。
 亡き先生とともに中出氏も喜ばれていると思います。
 そして何より楽器自身が喜んでいるように思います。
 これからも良い音を響かせてくださいませ。
 良いお話をありがとうございました。

CGFUN
記事COLON 54
登録日時COLON 火 26 8 2008, 15:45

中出阪蔵ギターを死ぬまで弾きます。

投稿記事 by CGFUN » 火 30 9 2008, 18:47

remain-iihamaさん こんばんは remain-iihamaをはじめこのフォーラムを管理運営されている方々に御礼申し上げます。
先日サーバーがダウンした時は、この先どうなるんだろうと大変心配いたしました。管理運営は大変とは存じますが、これからもよろしくお願いいたします。
さて、偶然にも中出阪蔵氏のギターを弾くことになり、改めて嬉しく思います。小生96年まではフォークギターでラグタイムギターなどを弾いていました。
しかし、金属音が歳のせいかだんだんいやになり、クラシックギターに転向しました。その頃から現代ギター誌を愛読し少しずつ技量をUPしてきた、つもりです。
従って純クラシックギター歴は10年ちょっとです。 (その間ソルのエチュード[阿部保夫編]などをがんばり、とても充実していました。)
今回、中出阪蔵氏のギターを購入するまでは、河野ギター(96年製Pro-J)を弾いていました。とてもよく鳴ります。(Whooperさんによると色々問題があるようですが・・・)
これは、将来愚息に譲ろうと思っています。(現在、小生の古いフォークギターを弾き始めて、少しギター楽しさを分かり始めたようなので・・・)
色々と綴りましたが、ギターは手軽で、弾けたらカッコいい楽器で、続けるのは難しく、憧れの楽器でもあります。こらからも優越感?に浸って愉しみたいと思います。

Whooper
記事COLON 288
登録日時COLON 木 7 2 2008, 23:08
お住まいCOLON 東京

Re: 偶然の出会い!中出阪蔵

投稿記事 by Whooper » 火 30 9 2008, 21:42

CGFUN さん、こんばんわ。
Whooperさんによると色々問題があるようですが・・・
何だか誤解を招くような事書いてたようでまずは御免なさい。問題と言う程の事でも
ないんですけど楽器製作者は身内に一子相伝的に技術を伝えて行くのが多いです
ね。ラミレスやハウザー一族のように。

河野工房の場合桜井さんは身内じゃないし師匠を乗り越えて自分のブランド確立しち
ゃったから先代亡き後作られたのは本当の河野ギターなのかと思ってます。

勿論品質や音質は間違いないと信じてますが本人が作り自分の銘を入れたのが本物
の手工品じゃないのかと依怙地に考えたりして。。。 :?

俣野さんは一時代築いたけど雲隠れしちゃった。技術はアストリアスに引き継がれた
からあれはあれで良かったんでしょうね。

河野7号と共に38年。Whooper も良い楽器欲しいなー :|
駄目だ!お前も根性見せろ。分かりました。棺桶の中まで連れて行きますね。

Whooper 拝

CGFUN
記事COLON 54
登録日時COLON 火 26 8 2008, 15:45

河野ギター&GG誌よ! Forever!

投稿記事 by CGFUN » 水 1 10 2008, 06:43

Whooperさん おはようございます。
日本製ギターの優秀さを世界に轟かせた[河野ギター]
クラシックギターファンの情報源[GG誌] 
この2つを成し遂げた、河野氏の功績は国民栄誉賞に匹敵するでしょう。どちらもみなさんで応援し続けましょう!

CGFUN
記事COLON 54
登録日時COLON 火 26 8 2008, 15:45

中出阪蔵 VS 河野賢

投稿記事 by CGFUN » 金 3 10 2008, 15:29

今日は代休でしたので、小生の愛器のショットをUPすることにしました。自慢の姫です!? 親バカとご容赦を!
色の濃い方が、つい8月に入手した恩師の中出製(1967)です。その隣が河野製(1996)です。
どちらも同じ弦を張っています。弾き比べると・・・パワーは今のところ河野、弾きやすさは中出、低音のクリアーさは中出、高音のクリアーさは河野
音のバランスは中出、といったところでしょうか。中出氏は日本ギター界の先人で、現在活躍されている多くの弟子を育成された大恩人、河野氏は
日本が誇る世界的な製作家で、GG誌を創刊したクラシックギター界の大恩人・・・偶然にもその2人ギターを弾けることになるとは・・・小生は最高の幸せ者です。
今日は自慢話にお付き合いいただき、恐縮至極です。m(_ _)m