モダンモデルと伝統的モデル

楽器についていろいろ
giuseppe
記事COLON 42
登録日時COLON 土 11 2 2006, 19:29
お住まいCOLON Italy

モダンモデルと伝統的モデル

投稿記事 by giuseppe » 水 8 3 2006, 03:41

イタリアのフォーラムで大変な論争になっているテーマがあります。
それはRamirezのコンサートギター以降のいわゆるモダンモデルと伝統的なトーレスを基準としたモデルのどちらを選ぶかと言う話から,喧嘩ごしの大論争となり返信が200にも及んでいます。
モダンギターはもうギターと呼べる楽器ではないと言う人もいれば,それではなぜ Barrueco や Russell が Dammann を使っているのか、ギターのコレクションの中に Torres 他のオールド楽器を持っている Pepe Romero が Giussani をコンサートや録音に使っているのはどうしてか,という反論もあります。
Milano には楽器製作学校がありますが,ここは完全に伝統尊重派です。有名な製作家では Tacchi が伝統派,Garrone,Giussani は完全にモダン派、Scandurra は両方を作っているようですが,彼のモダンモデルは伝統モデルよりはるかに良く鳴ると思います。
音響のあまり良くないところで伝統モデルを弾くと何か物足りない感じがしますが,音響が良いところでは伝統モデルをリラックスして弾くのは気分がいいですね。Bach Cello 組曲などは,モダンモデルの中身の詰まった音<特に杉の暗い音色>で弾くと素晴らしいと思います。<たとえば第1組曲はDに編曲して6弦をDにしていますが、和音はなるべく単純にしてD,A,D,Fなどの和音はあえてD,A,Fだけにするなどして重厚な響きを出すようにしています。この和音弾くだけで,一日の疲れが癒される気分になるのは私だけではないですよね,尚私のギターは,Minehara Super Tuning System のコンペンセーションをしているので,ロ−ポジションの和音の響きは大変ピュア−です>
モダンと伝統、日本の皆さんはどうお考えですか?

Yuki
記事COLON 175
登録日時COLON 木 11 5 2006, 13:38
お住まいCOLON 八千代市

Re: モダンモデルと伝統的モデル

投稿記事 by Yuki » 日 14 5 2006, 11:19

数ヶ月前、楽器を購入する際に感じたことを少々書き込みます。

長年のブランクの後また楽器を弾き始めたもので、楽器についても最近の製作家に
ついては無知に等しかったのですが、楽器店でいくつかの楽器を試奏させてもらい
ました。ダブルトップと言われるような構造の楽器、中にはボディのなかに鉄柱が
走っているもの、構造は良くわかりませんが極端に重い楽器、等など。結論から
言いますと、どれも一長一短私の感覚には今ひとつぴたっときませんでした。
概ね音量があるんですが、音色的にどうも機械的というか、木でつくられた楽器と
いうイメージの温かみのようなものが感じられなかったのが、そうした最近の新しい
構造を持つ楽器の印象です。

中には音の立ち上がりが早く、粒立ちが良いと言うのか音の輪郭がたっているものも
あり、ある意味自分の演奏技術が上がったように感じさせるものもあって結構迷い
ましたが、結局選んだのはマヌエル ラミレスをコピーしたとされる伝統的なつくりの
楽器です。それとて不満な部分がないわけではないのですが、まあ、全体的に一番
自分の音のイメージに近かった、ということです。

楽器の個性が千差万別であるのはあたりまえ、となればできることなら違ったタイプの
楽器を少なくとも2台所有することができればかなり楽しめるのは言うまでもありま
せんが、悲しいかな財力がそれを許しません。

ちなみにgiuseppeさんはイタリアからの投稿ですが、Corianiという楽器はあちらでは
結構知られた楽器でしょうか?
Yuki

giuseppe
記事COLON 42
登録日時COLON 土 11 2 2006, 19:29
お住まいCOLON Italy

投稿記事 by giuseppe » 日 14 5 2006, 19:31

Coriani はイタリアでは、まあまあ知られた製作家です、私の試した彼の杉のギターは素晴らしいと思いました。
先日、友人のギタリスト、Roberto Porrroni の家で、弟子の一人<実は彼のガールフレンド>の楽器を注文するにあたって、参考にRobertoのScandurraと私のGiussaniの弾き比べをしました。結論は、とにかくこの2台の楽器は他の楽器と比べて飛びぬけて素晴らしいということですが、Scandurraは響胴がカランカランとよく鳴る、Giussaniは音がずしっと前面に出てくる、というのが一般の印象でした。
Robertoは<Scandurraのこれが好きなんだ>というコメント、私は<Giussaniのこれがたまらないんだ>とコメント。
ガールフレンド?お互いの平和のためにノーコメント

Yuki
記事COLON 175
登録日時COLON 木 11 5 2006, 13:38
お住まいCOLON 八千代市

投稿記事 by Yuki » 月 15 5 2006, 22:17

giuseppeさん、返信ありがとうございます。

そうですか。Corianiは初めて聞く名の製作家で、音と見た目のつくりの良さをを頼りに購入しましたが、気に入っています。昔はイタリアというとバイオリンが相場でしたが、最近ではギターの製作家もけっこういるんですね。

ところで元の投稿に、Giussaniはモダン派とのご意見がありましたが、実際のところ作り(構造?)音に伝統的なモデルとどんな違いがあるんですか?個人的にはギターは100年以上前にデザイン(構造も含めて)が完成された楽器じゃないかと思うんですけど。あとはまあ、言ってみればバリエーション、何と呼ぶかは別としてモダンと言われる楽器にしても悪く言えばその亜流?じゃないのか、という疑問もありますが。

ある韓国の製作家の楽器でハニカム構造の板を極薄い版二枚でサンドイッチしたトップを採用した楽器を弾いたことがありますが、これは確かに音が違う。しかし前にも書きましたとおり、わたしにはいまひとつこれだ!というものがありませんでした。
Yuki

giuseppe
記事COLON 42
登録日時COLON 土 11 2 2006, 19:29
お住まいCOLON Italy

投稿記事 by giuseppe » 土 20 5 2006, 20:09

Yukiさん、Corianiはとてもよい買い物をされたと思います。
物理的にモダンモデルを定義するのは、確かに難しいですね。
傾向としては、表面版の重量をできるだけ抑えて、音量を増加させる工夫がされています、<Latice bracing や Double top> バック及びサイドは反対に重くして、振動をできるだけ表面板に集中させるというコンセプトで、ネックやヘッドに金属製の錘を入れる人もいます。
ハンフリー型の傾斜指板はハイポジションの押さえを楽にするというよりは、表面板を上に引き上げると言う音響的な配慮からきているようです。
ターゲットはやはり音量の増加ですが、必ずしも音質を犠牲にしているとはいえません。コンサートで聞いたバルエコのダマンは信じられないほど素晴らしい音だと思いました。一般にモダンモデルは杉を使うことが多く、私のGiussaniもやはり杉独特の低音にフォーカスのある暗い音が大好きですが、欠点の一つは音の立ち上がりのアクションが鈍く感じられることですね。
おっしゃるように、レパートリーに合わせて軽いギターと使い分けできればいいのですが、私も懐の事情がありまして...

Yuki
記事COLON 175
登録日時COLON 木 11 5 2006, 13:38
お住まいCOLON 八千代市

投稿記事 by Yuki » 土 20 5 2006, 23:29

[quote="giuseppe"]Yukiさん、Corianiはとてもよい買い物をされたと思います。

ありがとうございます。楽器としてはあたりだったと思います。しかし、日本は高級ギターのマーケットとしては世界最大でしょうけど、みんな高額ですね。個人的には買い替えという形をづづけてますので、なんとか手が届きましたけど。

ダマン?ですか。。。聴いたことがないので何ともわかりませんが、人の気をそらすようなことおっしゃらないでください。:-)
Yuki

村松 トマ
記事COLON 2
登録日時COLON 水 28 6 2006, 07:48

初めまして

投稿記事 by 村松 トマ » 水 28 6 2006, 08:03

自分はクラシックをほとんどやっていなかったのでよくはわからないのですが、
モダンタイプと伝統タイプが別れているんですね。
これから少し調べて勉強しようと思います。

CG_MASA
記事COLON 57
登録日時COLON 金 3 3 2006, 12:34
お住まいCOLON Hiroshima

投稿記事 by CG_MASA » 月 31 7 2006, 12:28

giuseppeさん、こんにちは。

先日、フィレンツェの製作家のアンドレア・タッキ(Andrea Tacchi)氏のギターを弾かせてもらう機会がありました。
実に重厚な低音にささえられて、美しい高音が印象的でした。
ブーシェモデルのようですが、余分な共鳴もなくバランスも抜群で、スペインの伝統とモダンのよい所を兼ね備えている、優れた楽器だと感じました。音量もかなりあります。
日本で購入すると、200万円クラスになるので、簡単には手が出ませんが、いつか手にいれたい楽器です。イタリアでの評判などご存知でしたら、教えてください。

giuseppeさんが紹介されているモダンモデルの製作家のギターは弾いたことがありませんが、機会があればぜひ弾いてみたいものです。