お勧めの教則本

フォーラムの利用には、ユーザー登録(無料)が必要です。個人情報を出したくない場合は、ハンドル名を使うことをお勧めします。より充実したコミュニケーションをお望みなら、プロフィールを書いてください。はじめて利用される方は、よくある質問もご覧ください。
登録や利用に関して疑問、問題等ありましたら、問い合わせ、要望などにて受け付けています。
cacciatori7
記事COLON 30
登録日時COLON 火 12 2 2008, 08:47
お住まいCOLON 東京

Re: お勧めの教則本

投稿記事 by cacciatori7 » 金 22 2 2008, 23:48

2週間前にクラシックギターを始めた初心者ですが、『楽しく学べるギターテキスト CD付き佐野 正隆・著)』はとても分かりやすくて初心者にお勧めだなと感じました。

おそらく初心者が間違えやすいであろう注意点も結構載っていたりして。楽譜も優しく、楽譜がスラスラ読めない人でも大丈夫だと思います。

皆様の参考になれば幸いです。

--
MASA
クラシックギターを始めてみました(ブログ)
http://cacciatori7.blog118.fc2.com/

fins
記事COLON 7
登録日時COLON 木 26 6 2008, 20:42
お住まいCOLON 東京 Japan-Tokyo

Re: お勧めの教則本

投稿記事 by fins » 土 5 7 2008, 20:56

私も最近ギターを始めたばかりですが、
お勧めにしたがって

全音 カルカッシ・ギター教則本(溝渕浩五郎氏)
ギタルラ 教室用新ギター教本(小原安正氏)
Alfred パンピングナイロン(スコット・テナント氏)

の3種の教則本をかじってみたところ
他の方々が仰るように「教室用新ギター教本」が一番使いやすく感じます。

カルカッシは内容はとても良いものだと思うのですが、
やはり独学ではどのようにしたら良いのか分かりづらいものがあります。
パンピングナイロンは初心者向けというよりは、
ギターをやったことがあったり、
教室でギターを習ってる人が家で練習するためのものかな、と。

カルカッシ以外の2つはDVDがでています。
(ギタルラ ギター手助けDVD 演奏 田部井辰雄氏)
(Alfred Pumping Nylon 演奏 scott tennant氏)
パンピングナイロンは英語で色々な技術について語ってたりしてるので
英語が苦手な方には少々辛いものがあるのではないかと思います。
ですが、ギター手助けDVDは教本の内容のほとんど(初級53/67曲 中級20/20曲)
が入っていて、更に右手と左手のアップが結構頻繁に出てきます。
そのおかげでわかりにくいところがあっても割とさくさくと進めます。
初心者はよく早く次に進もう、と焦る傾向が多いとカルカッシにありましたが、
DVDと同じくらいの速さで確実に弾けるようになったら
次へ移る感覚で良いのではないかと思います。

そんな点から私はギタルラの教室用新ギター教本をお勧めしたいと思います。
ちなみにDVDと合わせて¥4,075でした。(教本¥1,575 DVD¥2,500)
禁じられた遊び(ロマンス)に魅かれてギター始めました。

マンナンパパ
記事COLON 65
登録日時COLON 木 3 5 2007, 14:25
お住まいCOLON 青森市

Re: お勧めの教則本

投稿記事 by マンナンパパ » 日 28 9 2008, 12:53

溝口編カルカッシギターの本がいいです
マンナンパパ

taka84u9
記事COLON 40
登録日時COLON 土 2 12 2006, 12:16
お住まいCOLON 京都

Re: お勧めの教則本

投稿記事 by taka84u9 » 日 19 10 2008, 13:06

小原安正:教室用新ギター教本を初期は使ってました。ギター教室に通っていたから、というのが使用した理由なんですが、個人だけで取り組むにはフォーム云々とか、自分だけではなかなか気がつけないようなことが案外書いてなかったりするのが問題かもしれません。

まぁ教室用と書いてあるのは、そういった部分は先生に教えてもらってね?ってことなんだと思います。


上記のフォーム云々などに関してはパンピングナイロンがいいと思います。この本は基礎練習本って感じで、たしかに何曲かソロ曲も収録されてはいますが、メインは右手の弦移動の練習だとか、左右の指のシンクロ率を高めるための練習だとかいった内容です。左手の指は指板から何インチ以上離さないでね、みたいなことも書いてあったりします。


ソロ曲がたくさん入った教則本を頭からレベルアップに従って進めていきながら、パンピングナイロンで正しい(といわれる)フォームやら爪の形やらを身につけていくのが個人的にはいいんじゃないかなぁ~なんて思います。
黒澤哲郎スペシャル50号